お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

花粉症歴で異なる効果的な対策グッズ、ビギナーは「マスク」、ベテランは?

株式会社ネオマーケティングは、全国の花粉症を持つ20歳~59歳の男女400人を対象に、「花粉症」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

【1日20gでOK!花粉症スッキリには「見通しが良くなる」あの野菜】

同調査において、花粉症の原因を聞いたところ、「ヒノキ花粉」(21.5%)に大差をつけて「スギ花粉」が72.3%で第1位。一方、花粉症歴3年未満の“ビギナー”では3人に1人(35.0%)が「わからない」と回答している。

花粉症の症状ベスト3は、「鼻水」(89.3%)、「くしゃみ」(77.8%)、「目のかゆみ」(70.5%)という結果となった。

あなたが悩まされる花粉症の症状を教えてください。

また、去年の症状、今年の症状の予想を聞いたところ、去年が「重かった」(「かなり重かった」「やや重かった」合算)は47.0%、今年の予想を「重いと思う」(「かなり重いと思う」「やや重いと思う」合算)は37.3%となった。

花粉症治療・対策での通院の経験は、「頻繁に行っていた」「たまに行っていた」合わせて48.0%に通院の経験があることがわかった。花粉症歴が上がるにつれて通院経験率も上がる傾向にあった。

1シーズンの花粉症対策・治療の平均費用を聞いたところ、最も多い回答は「1,000円~3,000円程度」24.0%。「0円(費用は使わない)」「1,000円未満」を合わせると、過半数を超える55.1%が「3,000円未満」で1シーズンを過ごしているようだ。

あなたが1シーズンの花粉症対策・治療に使う平均費用はいくらですか。

使用経験のある花粉症対策グッズ、その中で最も効果があった花粉症対策グッズは、いずれも第1位は「マスク」だった。最も効果があった花粉症対策グッズについては、花粉症歴5~10年程度、花粉症歴10年以上の第1位は「病院で処方される飲み薬」となり、花粉症の“ベテラン”は病院に通って処方される薬をうまく活用していると推測される。

最も効果があった花粉症対策グッズは何ですか。

実践してみたい花粉症対策として、「ヨーグルトがいいと聞いたので、確かめてみたい」「最近聞いたレンコンを食べてみようと思っている」「レーザー治療、舌下免疫療法」など、さまざまな回答があげられた。また、「お金をかけなくても良いものであれば、なんでも」といった回答も見られた。

花粉症ではない人へのアドバイスでは、「ある日突然発症するので、心づもりをしておいた方が良い」「思っているよりも本当につらいので、多少なりともこの時期の集中力の欠如は目をつぶってほしい」「つらさがわからない人は、風邪と勘違いして『うつさないで』と心ないことを言わないで」などが寄せられた。

お役立ち情報[PR]