お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

首スジが張っている場合は、指を一本ずつ掴みブラブラと振る

肩こりがひどい、という場合や頭の角度によっては、首スジがはって痛むという経験はないでしょうか。そんなときに、肩こりの部分を直接、自分でマッサージをするのは大変だと思います。コリがほぐれる前に、マッサージをしている手のほうが疲れてしまい、違う部分がこってきた、なんていうことも。

【意外と痛い!?腰の疲労に気づく方法】

首スジが張って痛むという時は、その部位をマッサージしたり、ストレッチを加えたりして、痛めてしまったという話もあります。

このようなことにならないように、楽に不快な症状を緩和できないものでしょうか?実は、効果の出やすい簡単な方法があります。それは、手の指を一本ずつ掴んで、ブラブラと振る、というものです。

指や手、腕には、首の筋肉が緩む反射性のポイントが沢山ありますが、専門家ではない人がポイントを探し出すのは難しいのです。そのため、手のひら・甲をさすり、全体的に刺激を入れてしまおうということです。

●首スジの張りを軽減するストレッチ

1.手のひらを、全体的にさすります。
2.手の甲もさすりますが、骨がゴツゴツ当たりさすりにくいかもしれません。骨のキワに沿った部分は、気持ちよく感じる程度に、そして、骨の上は不快に感じるない程度の圧でさすります。
3.指先を掴み、指のつけねからぐるぐる回したあと、ブラブラと振ってください。頭をゆっくりと回しながら、指をブラブラ動かすと、首スジの張りが和らいでいくのがすぐに実感できる場合もあります。
4.指のブラブラは五本指を左右ともに行いましょう。

※効果には個人差があります

■著者プロフィール
檜垣 暁子(ひがき あきこ)。オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/51/ カイロプラクティック理学士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える患者さんの診療に当たっている。

※この記事は2014年02月18日に公開されたものです

SHARE