お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

2014年花粉シーズン、コンタクト装用者の7割以上が、PM2.5や黄砂の影響が「気になる」 -ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ

昨春(2013年)の花粉シーズン、PM2.5や黄砂による“目”の症状への影響を感じましたか?

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、最近1年以内に花粉症の症状を感じた20~40代の男女600名を対象に、『花粉症についての意識調査』をインターネット上で行い、結果を発表した。調査期間は2013年12月。

【片頭痛の犯人は花粉症―花粉症と片頭痛には関係があった!】

2013年の花粉シーズンについて、PM2.5や黄砂による“目”への影響を尋ねると、「影響を感じた」と回答したのは39.0%だった(「感じた」と「やや感じた」の合計)。2014年の花粉シーズンについては、PM2.5と黄砂の影響が「気になる」と回答した人は、どちらも7割を超えた(「気になる」と「やや気になる」の合計)。

今春(2014年)の花粉シーズンに向けて、“目”の症状に与える影響はどの程度気になりますか?

花粉対策をする時期についての質問に、「症状が出る前」と回答したのは、2013年が31.5%だったのに対し、2014年は44.3%に増加した。また、花粉治療のため「耳鼻科」へ通院する人が37.3%であるのに対し、「眼科」へ通院するコンタクトレンズユーザーは18.0%と少ないことがわかった。

2013年の花粉対策をいつ頃から始めましたか? 2014年の花粉シーズンに向けて、いつ頃から花粉対策をしたいと思いますか?

花粉症対策のために、どの医療機関に通院しますか?

花粉シーズン中も、94.5%のコンタクトレンズ装用者がレンズの装用を続けていると回答した。理由としては、「メガネを使用するのが不便」「メガネの見た目が気になる」が上位を占めた。花粉シーズン中は、7割以上の人が普段よりも「かゆみ」「違和感」「目がショボショボする」症状を感じているが、9割以上の人がコンタクトレンズの装用を継続したいと回答している(「そう思う」と「ややそう思う」の合計)。

花粉シーズン中、どのくらいの頻度でコンタクトレンズを装用していますか?

花粉シーズン中、コンタクトレンズの装用をやめない理由はなんですか?

花粉シーズンに普段よりも以下の症状を感じることはありますか?

花粉シーズン中もコンタクトレンズの装用を継続したいと思いますか?

花粉症対策として、コンタクトレンズを“1日使い捨て”タイプに替えたことがあるのは3割強(「替えたことがある」と「日によって替えたことがある」の合計)。また、花粉症対策として有用ならば“1日使い捨て”タイプを「使いたい」と回答したのは、コンタクト装用者の72.3%だった(「そう思う」と「やや思う」の合計)。

花粉症対策としてコンタクトレンズを1日使い捨てタイプに替えたことはありますか?

“1日使い捨て”タイプが花粉症対策として有用ならば、使ってみたいと思いますか?

この結果を受け、眼科専門医の深川和己氏は、花粉症シーズンにコンタクトレンズ装用者が気をつけたいポイントとしては、「早めの眼科受診」「花粉シーズンは“1日使い捨て”タイプに切り替え」「花粉をなるべく防ぐ」の3点だとコメントしている。

お役立ち情報[PR]