お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性が使っていたら嫌な言葉5パターン「自分のことを名前で呼ぶ」

男性が好む女性のタイプというのは千差万別で、人によって大きな違いがあります。しかし、男性なら誰もが嫌がる女性のタイプというのはわりと決まっています。それは女性が口にするある言葉にその原因があります。そこで、男性が嫌がる女性が話す言語をいくつか紹介しましょう。

【先輩から嫌われる言葉遣い「マジですか」「了解しました」「リスペクトしてます】

■家族や親友の悪口を言う

家族や親友の悪口を言われていい気持ちになる人っていませんよね。親しい仲にも礼儀ありという格言があるように、どんなに親しい間柄でも、自分の両親や兄弟そして親友の悪口を女性から言われたら、男性の気持ちは離れてしまいます。

どんなに嫌な思いをしても、相手が大切に思っている人の悪口はやめておきましょう。

■自分のことを名前で呼ぶ

自分のことを「私」ではなく名前で言う女性がいます。「カオルは思うんだけど」「今日のエミの服、似合う?」という具合です。十代の頃なら「かわいい口癖」で済まされるのでしょうが、結婚適齢期の女性がこれでは、「いつまでも幼児性が抜け切れない女性」という烙印(らくいん)を押されかねません。

この口癖はできるだけ早く直すようにしましょう。

■他人と比較する一言

子供の頃、親から同級生と比較されて嫌な思いをした人は多いでしょう。成人男性が、自分を別の男性と比較されたりすると嫌になるのも同じです。特に、自分の顔見知りの男性を持ち出されて、女性から「○○さんに比べてあなたは……」などと言われると、頭に血がのぼってしまいますね。

「それじゃあ、○○さんと付き合えよ!」とでも言いたくなります。

■プライドを傷つける一言

男性には、女性には分からない男性独特のプライドというものがあります。そのプライドを傷つける言葉は一種の凶器でもあります。男性が失敗したときなどに、女性から「男のくせに」などと言われると、男性は大いに傷つくものなのです。

男性のプライドを大切にすることを、女性は常に心がけたいものですね。

■否定語を連発する

男性から受け入れたいと思うのなら、男性の意見に否定から入るのはよくありません。「やだぁ」「でも」や「だけど」を連発する女性には、男性は「何を言っても無駄かな」と思うようになっていき、次第に気持ちが離れていくものなのです。

まずは「そう、それっていいね」という返事をするように努力しましょう。

お役立ち情報[PR]