お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

アラサー独女が、20代前半より度胸がついた経験「値切り交渉ができる」「ひとり焼肉に行ける」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

決して「望んでそうなった」訳ではないのですが、年をとるといや応なく経験も知識も豊富になり、修羅場慣れもしてくるのが人間というもの。アラサー独女も例外ではありません。今回は20代前半よりも「度胸がついたな」と思った経験について、アラサー独女に聞いてみました。

■泣き寝入りしなくなった

・「お店で文句を言えるようになった。泣き寝入りすることが減りました」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「いろんな業者の人とやり取りするときに、値切り交渉がガンガンできるようになった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「間違ったことを言われたら、それに反抗するようになった」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

理不尽なことでも、不条理なことでも、我慢するしかなかった、新米社会人のころ。今ではすっかり戦うコツを身につけて、堂々と振る舞えるようになった独女は多いのでは。

■上の立場の方にも動じなくなった

・「役職のついた人にも堂々と営業をかけられる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「怖い人にも意見が言えるようになった」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「部長クラスの人と気軽に話ができるようになったこと」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

20代前半だと、なんとなく「雲の上の方」「怖そうに見える」といった理由で、上の立場の人にはなかなか近づけないもの。しかし、アラサー世代ともなると、自分自身にも自信がついてきて、「人」として物おじせず対応できるようになるのかもしれませんね。

■どんな出来事が起きても、うろたえない

・「ちょっとした失敗ではうろたえなくなった」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)
・「どんなことが起きても、あまりびっくりしない」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「職場でいろいろなことがあっても、涙が出なくなった」(27歳/電機/技術職)

小さなことでメソメソしたり、うろたえたりしていては仕事も回らず、明日は来ないもの! 「涙が出ない」レベルまで、自己コントロールの術を身につけたという独女もいました。

■いいのか悪いのか!? 面の皮がかなり厚くなった

・「平気で嘘がつけるようになった。電話で、本人がいるのに、『いないと言って』と言われて断るとき、昔は声が震えたが、今は普通に言える」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「何かをキャンセルするときの申し訳なさそうなそぶりがうまくなった」(30歳/小売店/事務系専門職)

臨機応変な対応力が身につけたり、思ってもいないことを言うのが上手になったり……。度胸がついて、世渡りもかなり上手になった!?

■「ひとり○○」ができるようになった

・「ひとりでラーメン屋に入れるようになった」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「ひとりで飲みに行けるようになった」(29歳/情報・IT/事務系専門職)
・「ひとりでカラオケや焼肉に行けるようになった」(29歳/医薬品・化粧品/営業職)

ひとりラーメン、ひとり飲み、ひとりカラオケにひとり焼肉。ひとりでできることって、意外に多い? そんな喜びを知っているあなたは、立派なアラサー独女です。

度胸がつき、肝が据わると断然生きやすくなりますが、一方で「おひとりさま」が居心地よくなってしまうのは、もしかしたらこの「強さ」のせいかも!? なんて、ちょっと複雑な思いがよぎる調査結果でした。20代前半より度胸がついたと思う経験、あなたはありますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年12月~2014年1月にWebアンケート。有効回答数183件(26歳~34歳の未婚の働く女性)。

お役立ち情報[PR]