お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド エンタメ全般

恋と仕事の奮闘記! 妻夫木聡、北川景子出演の話題作『ジャッジ!』とは?

同世代女子が気になるトレンド情報から、新商品、人気スポットなどまで、ランチタイムの話題にしたい、気になるあれこれをピックアップ!

仕事に打ち込んで得る達成感も、恋のときめきも、どちらも大切。でも、両方とも求めるのは欲張り? 忙しい日々を過ごしていると、ふと考えてしまいます。そんな疑問に思いきりポジティブな答えをくれるのが、妻夫木聡さんと北川景子さんが“偽夫婦”役に挑戦したコメディ映画『ジャッジ!』(2014年1月11日公開)。広告代理店の同僚である2人が、上司のムチャぶりで参加することになった海外の広告祭で奮闘を繰り広げながら、恋と仕事という“人生最大の審査(ジャッジ)”と向き合う様子をポップに描いていきます。

映画『ジャッジ!』は、仕事への情熱は人一倍だけど失敗ばかりの広告代理店社員・太田喜一郎(妻夫木聡)が主人公。ヒットCMを連発する上司の大滝一郎(豊川悦司)から「名前の発音が同じだから」というだけで、彼になりすまして世界一のCMを選出するサンタモニカ国際広告祭の審査員に化けるよう命じられます。なぜそんな名誉を喜一郎に与えるのか? 実は広告祭に出品する、どうしようもない出来のCMを入賞させるための裏工作こそが真のミッションだったのです。

いまは窓際社員だけれど、広告祭攻略の極意を知り尽くした鏡さん(リリー・フランキー)から、使える英語の数フレーズ、注目を集めるための“ペン回し”のやり方を伝授され、アニメTシャツなど大量のオタクグッズを手渡された喜一郎。これで準備万端ではなく、現地で毎夜開かれるパーティにはパートナー同伴が必須。そこで同姓である同僚・太田ひかり(北川景子)に“偽の奥さん”役をお願いすることに。

落ちこぼれの喜一郎とはちがって、ひかりは仕事ができて英語も堪能という有能な女性。気が強く、ギャンブル大好きという勝負好きな性格もあって、いやいや引き受けた“妻”役なのに、“夫”以上に張り切って、CM入選のための審査員たちへの多数派工作にあれこれアイディアを出していきます。

気弱なのに正義派で融通のきかない喜一郎が歯がゆくて、ついついきつく当たってしまうけれど、ひかりの叱咤を受けとめながら、喜一郎も強くなっていく。そんな素直な彼に飾らない自分をさらけ出せることにひかりも気づいて……。姉と弟みたいにはじまった関係が、同じ目標を目指すことでどんどん変化していく過程は共感できること間違いなし!

ライバルたちとの攻防のコミカルな描写に広告業界の裏側を垣間見る楽しさがあり、喜一郎とひかりの仕事への情熱、そして恋の物語は笑いの中に爽やかな感動も秘めています。映画『ジャッジ!』は、新しい一年のスタートを切る背中を勢いよく押してくれる、働く女子にオススメの作品。みなさんもチェックしてみて!

●映画『ジャッジ!』
http://judge-movie.com/

(C)2014「ジャッジ!」製作委員会

(冨永由紀)

お役立ち情報[PR]