お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ボールペンを消す!「クレヨン」「油性マジックインク」の場合でも跡形もなく消す方法ーー歯磨き粉、除光液

幼い子どもさんがいる家庭の主婦の悩みはつきません。無邪気な子どものいたずらと笑い事では済まないこともしばしばですよね。特に、きれいな壁に落書きをされてしまったお母さんの嘆きは深刻で、賃貸住宅なら敷金が帰ってこない心配がよぎります。

【壁に書かれた落書きを簡単に落とす掃除方法】

そこで、壁の落書きを跡形もなく消してしまう方法を紹介しましょう。

■クレヨンの落書き落とし

幼児がお絵かきでよく使う筆記具がクレヨンです。小さな子どもは、絵を描き始めたころにクレヨンでいろいろな場所に落書きしたくなるようです。壁のクロスや家具などに描いてしまったクレヨンの落書きを落とすには、古歯ブラシに歯磨きをつけて軽くこすります。

その後、水で濡らし固く絞った雑巾で拭きとると、ほぼ完全に落とすことができます。

■マジックインクの落書き落とし

油性マジックの落書きは厄介です。普通の中性洗剤では落ちないので、メラミンスポンジでこすってみましょう。メラミンスポンジなら洗剤を使わないので、小さな赤ちゃんがそばにいても安心な上に、描いて時間が経過していなければわりと簡単に落とせます。

しかし、時間がたつと壁にマジックインクの油性成分が浸透してしまうので、落ちにくくなります。この場合は、少量の除光液をコットンに含ませて拭くのが効果的です。ただし、壁の素材によっては変色することもあるので、最初は目立たない部分で試してみてからした方が無難です。

■水性・油性ボールペンの落書き消し

消すのに意外と苦労させられるのがボールペンの落書きです。クレヨンやマジックに比べて線が細いので、完全に消すのに結構時間を要するのです。そして、ボールペンにも水性と油性があり、消し方も異なるので、どちらのタイプのボールペンで描いた落書きなのかを最初によく調べましょう。

水性ボールペンならば、ガラスクリーナーが最も汚れ落としに適しています。ただし、雑巾などで一気に拭き取ろうとすると、汚れが全体に広がってしまうので、面倒でも綿棒に浸して少しずつ丁寧に拭き取っていきましょう。

油性ボールペンの場合は除光液を綿棒に浸し、水性の場合と同じように徐々に拭き取ります。

お役立ち情報[PR]