お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

後悔しない!タイプ別掃除機を選ぶ際のポイント

昔は掃除機といえば紙パック式のものと決まっていましたが、今では紙パックのいらないもの、後ろから排気の出ないものなど、選択肢が増えてきました。掃除機を選ぶ際は、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

【掃除機購入時の重視点、「本体価格」「吸引力」「本体の大きさ・重さ」】

■ゴミの捨て方

掃除機には、紙パックを取り付けてその中に吸い込んだゴミをためていくものと、ダストカップに直接ゴミをためるものの2種類があります。どちらもメリット、デメリットがあるので、どちらを選ぶかは自分次第。紙パック式のものはゴミを捨てるときにゴミを直接触らずにすむというメリットがありますが、紙パック代がかかるのが難点です。

一方、サイクロン式なら紙パック代は一切かかりませんが、ゴミを捨てるときに手でたまったほこりや髪の毛などをかき出さなくては出てこないときがあります。

■排気

掃除機を使うとき、気になるのが排気ですよね。せっかくほこりなどを吸い取ってキレイにしても、部屋中に汚い空気が排出されては意味がありません。排気が気になる人はサイクロン式の掃除機がおすすめです。サイクロン式は排気がフィルターを通すので空気が汚れません。

サイクロン式掃除機でおすすめなのが、三菱から出ている「風神」です。サイクロンBOXごと水洗いできて清潔だし、サイクロンBOX部のフィルターをなくしたことで吸引力が持続するのです。そして、ミクロのゴミや気になるニオイもキャッチしてお部屋のキレイを保ってくれます。

■吸引力

掃除機には直接コンセントに差し込んで使うキャニスター型と、充電して使うスティック型の2種類があります。充電式は長いコードに邪魔されることなく、狭いところでもスイスイ使えるところが魅力ですが、キャニスター型に比べてパワーが劣るところが難点。

また、長く使えば使うほどバッテリーの性能も落ちていくので、どんどんパワーが劣っていきます。一方のキャニスター型は、直接電源をとるので吸引力はバッチリですが、コードがわずらわしく、重たいので移動は大変です。

吸引力の強い掃除機でおすすめなのが、紙パック式のキャニスター型です。密閉性が高いため、ゴミやほこりを強力に吸い取ってくれます。東芝から出ている「VC-PC6A-L」は、パワーがあるのはもちろんのこと、床のほこりを巻き上げにくいやわらか分散排気が備わっていて空気も汚しにくく、おすすめです。

■ヘッドの種類

ペットを飼っている人は、抜け毛が気になりますよね。こんなときは、落ちた毛を強力に吸引してくれるヘッドの掃除機がおすすめです。ヘッドのブラシがモーターで回転するモーターヘッド型なら、通常の掃除機では取りにくい、カーペットの中に入り込んだ毛もどんどん吸い取ってくれます。

アイリスオーヤマから出ている毛取りヘッドサイクロンクリーナーは、床にしっかり密着して、取りにくいカーペットにからんだ毛も強力に絡め取ります。家族に髪の長い人がいる場合や、ペットを飼っている家庭にはぴったりです。

お役立ち情報[PR]