お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

カレに甘えたい? 甘えて欲しい? 甘えたい⇒8割「甘えたい。だって女の子だもん」「甘えは信頼の証拠」

カップル気を許せる恋人の存在は、日々頑張るための糧となってくれます。どんなに疲れていても、カレと甘えあうことで、元気をチャージできるのかも!? あなたはカレに甘えたいタイプ? それとも甘えられたいタイプですか? 働く女子の本音をリサーチしました!

Q.カレには甘えたいですか? それとも甘えられたいですか?

甘えたい 83.4%
甘えられたい 16.6%

なんと8割以上の女性が「甘えたい」と回答しました! やっぱり頼りがいのある男性が人気!? 早速それぞれの理由をチェックしてみましょう。

【恋から学べ! 「恋愛教訓」診断】

■甘えたい! 支えてほしいんです

・「だって、女の子だもん」(25歳/商社・卸/専門職)
・「手のひらの上でコロコロ転がされていたいから」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「第一子なので、甘えベタだが、上手に甘えさせてくれる人に憧れる」(29歳/医療・福祉/専門職)

やっぱりカレには男らしさを発揮してほしい! そんな意見が圧倒的多数でした。彼女を気持ちよく甘えさせてくれるカレは、きっと器も大きいはず! ただ、競争率も高いのかも……?

■甘えたい! 彼にだけ!

・「普段彼以外に甘えられる相手がいないから」(27歳/金融・証券/専門職)

誰にでも甘えたいわけではないのです! 普段、外で頑張っているからこそ、カレに甘えて癒やされたい!という女性も多いよう。「あなたにだけ」という言葉を添えれば、カレはもうメロメロ!?

■甘えたい! どちらかと言えば……?

・「自分が末っ子なので、甘えられるのは苦手」(25歳/金融・証券/営業職)
・「男が甘えるとかちょっとキモイから」(30歳/機械・精密機器/営業職)

意外に多かったのが「甘えられるのに慣れていないから、甘えたい派」です。思い切って、「甘えてもらえる女性」を目指すことで、新たな恋愛スタイルを作り出すことができるのではないでしょうか。

■甘えられたい! 母性本能くすぐられます!

・「もちろん甘えたいとも思うけど、トータル的には甘えられる方が長い付き合いができると思う。多分、母性本能」(30歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「頭をなでているときに幸せを感じる」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

いとしいものを守りたい!と思うのは、女性に備わった本能です。カレに対しても、そんな感情を持つ女性は多いよう。もしかしたらそれは、恋愛感情よりもずっと長続きするものなのかもしれません。

■甘えられたい! 甘えられる女性が最強!?

・「男性が甘えてくるのは安心して信頼してくれている証拠だと思うから」(24歳/金融・証券/事務系専門職)
・「いつも甘えられるのは、うっとうしいが、普段しっかりしている彼がたまに、甘えられると、かなり嬉しくなる」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

なるほど!という意見も多数ありました。普段しっかりしているカレが、自分にだけは甘えてくれるのはうれしいですよね。カレを癒やせる存在であれば、他の女性に目移りされる心配もなく、最強の浮気防止法となるかもしれません。

それぞれの意見はいかがでしたか? 甘えたい女性が圧倒的多数ですが、ときにはカレを甘えさせてあげることで、彼女としての評価もぐんとアップするのかもしれませんよ。

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数229件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]