お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

今すぐマネできる「聞き上手」な人の行動―自分のことは話さない

話をするのは好きだけど、聞くのはあまり得意じゃない……という方も多いのではないでしょうか。特に女性はおしゃべり好きな方が多いので、仲の良い女性同士で集まると皆思い思いの発言をはじめてしまい、お互いが発言を聞き流しているだけということも少なくないはず。

【商談のときにこんなしぐさをされたらあなたへの関心度が低い―「手帳を意味なくパラパラめくる」「腕時計を頻繁に見る」】

そこで今回は、聞き上手な人の行動を参考にしながら、すぐにマネできる聞き上手テクをご紹介します!

■聞き上手の特徴は?

聞き上手な人は、自分で話すよりも相手に話してもらうことを常に意識しています。こうすることで相手は話を聞いてくれているという安心感を持ち、親近感もわいてくるのです。例えば、初めて会って積極的に商品の購入を勧めてくるセールスマンよりも、まずは自分の相談をしっかりと聞いてくれてそのうえで何かを勧められたほうが購入したいと思うようになるはず。

このように、聞き上手になれば人付き合いもしやすくなり、プライベートでもビジネスシーンでも相手に好かれやすくなるのです。

■聞き上手のプロの動きをマネしよう

聞き上手といえばテレビ番組などで活躍するインタビュアーがわかりやすいでしょう。彼らはあらかじめ用意しておいた質問とあわせて、その場でのやり取りからより良い質問を投げかけることもあります。自分の役目は相手に話してもらうことですから、自分のことを話すことはほとんどありません。

ただし、普段の会話であまりにも一方的に聞き上手になると違和感があるということであれば「私は○○だけど、あなたはどう?」といったように、軽く自分の行動や考えをそえて相手からより詳しく話してもらうのもいいでしょう。

■マネできるポイントは言葉以外にも

インタビュアーの言葉をマネて相手に積極的に話してもらうことも大事ですが、会話中の間や姿勢、うなずき方などといったものもマネすることで、さらに聞き上手になることができます。また、聞き手にまわる場合は相手が話すのを嫌がるような行動は起こさないことが重要なので、相づちを打つのはよくても「でも」「それよりも」といったように、相手に対して否定的な意見をぶつけるのはNGです。

もしあなたが、自分から話すことが多いと感じているのであれば、案外身近に聞き上手がいる可能性も。今度その人と会うときは行動をマネして、逆にあなたが聞き手に回ってみるのも良いでしょう。

お役立ち情報[PR]