お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

アラサー独女が後輩の言動に“イラッ”とした瞬間「敬語を使わない」「若さアピール」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

職場で後輩ができるようになると、今までとは仕事の仕方も異なってくるはず。さらに、自分と後輩の考えや行動を比較することで、ちょっとしたことが気になったり嫌になったりしてしまうことも……。そこで今回はアラサー独女に、20代前半のころは感じなかったのに、最近「イラッ」としてしまう後輩の言動について教えてもらいました!



■新人でも重役出勤

・「遅刻してくる。自分たちの世代では考えられなかった」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「自分が新人のときに早く来て掃除したりしていたけど、自分よりギリギリに来られると度胸がいいなぁと思ってしまう」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

新人は覚えることも多いので、誰よりも先に来て掃除や雑務をこなすものと思いがちですが、中にはそうでもないケースもあるようです。学生のころからの遅刻癖が抜けないという人もいるかもしれませんね。

■その言葉遣いはちょっと……

・「今ドキ言葉」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「言葉遣いができないのを耳にしたとき」(32歳/金融・証券/事務系専門職)
・「敬語を使わないときがある」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

言葉遣いが気になるという回答は非常に多かったです。社会人としての言葉遣いをまだ把握できていないケース、学生気分が抜けていないケースなどもありますね。ある程度経って直ればいいのですが、いつまでもその調子だと困りものです。

■できないんです!

・「すぐに『できません』と言う」(29歳/電機/秘書・アシスタント職)
・「言われたことだけしかしない、受け身で仕事をしている後輩にはイラッとする」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「間ちがいやミスを指摘された際に、『勘ちがいしちゃいました!』という発言をよくする後輩がいて、その言動の前に『まずはひと言謝りなさい!』とイラッとしてしまいます」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

このあたりは育ってきた環境や時代のちがいもありますね。社会に出たらそれでは通用しないということを、ビシッと教えておく必要があるかも。

■ジェネレーションギャップ

・「ことあるごとに『辞めたい』と言う後輩」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「あいさつしても無視」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「若さアピールはイライラする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「常識にズレがある」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

常識のズレを正していくのはかなり大変なもの。今後は後輩のほうの考え方が常識となってくるとなれば、自分の常識を正さなければならないので、ある程度柔軟な考え方が必要になってきそうです。

今回の結果では、言葉遣いをはじめとして学生気分が抜け切らない態度に「イラッ」と感じてしまう人が多いことがわかりました。自分のころはどうだったかを改めて思い出してみて、もし同じようなことをしていたのであれば、少し様子を見て見守ってあげるのもよいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数167件(26歳~34歳の未婚の働く女性)。

お役立ち情報[PR]