お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 勝負デート

男性を「今日で最後」と決心させる、女性のNGワード「次もおごってね」「あっちのお店の方が……」

怒る男性普通に会話を楽しんでいたはずなのに、ふと気が付くと、彼がなんだか不機嫌そう……。もしかしたら、あなたの些細な言葉がきっかけで、彼に「別れ」を決心させてしまっているのかもしれません。働く男性のみなさんに、「男性を『次のデートはないな』と決心させる、女性のNGワード」についてアンケートを実施しました。中には、女性がつい使いがちなあの言葉も?

■言葉遣い

・「言葉の内容うんぬんではなく、しゃべり方とかが気持ち悪かったら次のデートはしたくないです」(33歳/通信/事務系専門職)

・「メチャムカツクと言われるとお終い」(33歳/自動車関連/営業職)

内容よりも、彼女がどんな言葉遣いをしているのかを重視する、という意見です。中には、「男でも使わないような汚い言葉遣いにドン引き」という男性意見もありました。言葉には、自然とその人の気持ちが表れます。相手に嫌われたくないならば、自然と言葉もていねいになるものなのですが、見限って正解かも?

■わがまま

・「今日はなんかもう疲れちゃった」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「初めてのデートで『次もおごってね』と言われたとき」(28歳/自動車関連/営業職)

女性にとっては「可愛い甘え」のつもりでも、男性からすると「単なるわがまま」となってしまうことも。「疲れた」という言葉は、「もっと自分を気遣ってほしい」という気持ちの表れでもあるのですが、男性には「つまらない」という一点しか伝わりません。また、お金に関する意見も目立ちました。「俺って何?」と思わせてしまう言葉です。

■人となりが透けて見える

・「高齢者の人に対して、悪態をついたとき」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「他の人の自動車に文句をつける子」(34歳/情報・IT/技術職)

他者への言動の中に、彼女の本性を見てしまう男性も少なくないようです。「いつか何か気に入らないことがあった時に、自分もこうして文句を言われるのか」なんて思うと、お付き合いを続けていく意欲が無くなるのも当然ですね。

■プライドが……

・「男の事をバカ呼ばわりする」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「これまでの彼氏と比較された時」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『ここよりも○○のお店の方が美味しい』」(31歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

無意識に、男性のプライドを傷つけてしまうような発言も。相手を楽しませようと、がんばっている相手を前にして、絶対口に出してはいけないものです。「もし自分が言われたら……」と想像してみると、なぜNG発言なのか、よくわかると思うのですが……。

いかがでしたか? 思わず耳を疑ってしまうような発言もあれば、つい無意識のうちに使いがちな発言もあるようですね。中でも「疲れた」や「あっちのお店の方が……」なんて、口にした経験がある女性は多いのでは? 素直に口にしただけでも、男性の心は離れてしまうので、注意が必要です。疲れたときには「休憩したいな」「もうちょっとゆっくり歩いてほしいよ」と、柔らかく言い換えましょう。

※マイナビウーマン調べ(2013年10月にWebアンケート。有効回答数197件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]