お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

いつまでも美肌をキープするコツ「決まった時間に寝起きする」

「美肌をキープするには、22時~翌2時の“お肌のゴールデンタイム”にしっかりと睡眠をとること」という説を聞いたことはありませんか?

【悲報! 安物のブラは「肌が黒ずむ」リスクが高いと判明⇒】

これは、寝ている間に分泌される「成長ホルモン」の分泌量が、この時間帯にいちばん多くなると考えられているため。成長ホルモンはその名のとおり、細胞や骨などの成長を促すために使われるホルモンですが、成人になっても毎日分泌され、日中の活動で破損した細胞の修復・再生、骨密度の維持などに使われます。

この働きの中に、皮膚細胞のダメージを修復・再生することも含まれているため、成人にとっては衰えを防ぐエイジングケア=美肌づくりをするホルモンとされているのです。

■ゴールデンタイムはみんなに訪れる?

そうは言っても、夜10時にベッドに入ることは不可能という人が多い現代。ゴールデンタイムに寝られない人には、美肌キープは無理なのでしょうか?

……ご安心ください。答えはNOです!

実は、成長ホルモンが最大に分泌されるのは、眠りに入って最初に深い睡眠に入るノンレム睡眠時(睡眠後1~3時間)。これは、「毎日決まった時間」ではなく、「睡眠後1~3時間」が基準となるため、毎晩12時に眠りにつく人にとってのゴールデンタイムは翌1時~3時になります。

■不規則な生活がゴールデンタイムを奪う

ただし、成長ホルモンは「加齢」「睡眠が浅い」などの条件で減少してしまうから要注意。たとえば、海外旅行で時差ボケがあると体調が悪くなるように、私たちの身体は毎日一定のリズムで寝る・起きる・活動するという行動をしています。

ゴールデンタイムの恩恵を受けるには、時間帯に縛られなくてもいいとはいえ、自分の生活リズムにあわせた規則性を持ち、最初のノンレム睡眠をより深いものにすることが重要です。

自分の生活スタイルで何時に寝て何時に起きたらいいのかきちんと設定し、寝つきをよくし、睡眠を深くして、計画的に成長ホルモンの分泌を促すようにしてみましょう。うまくいけば、寝ながらビューティケアができますよ。

(岩原明子/サイドランチ)

お役立ち情報[PR]