お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
メイク

効果を比較。アイライナーの色の選び方

西田美穂(カラーアナリスト/美容研究家)

美しくくっきりとした目元を作るのは大変ですよね、しかしアイライナーを使えば、誰でもあっという間に印象的な目元になれます。一方で、うまくアイライナーを引けても、色が合っていなければ台なしということも。今回はそんなアイライナーの色の選び方とアイライナーの引き方を、カラーアナリストであり、美容研究家の西田美穂さんに教えてもらいました。

■色の効果って? アイライナーの選び方

アイライナーのカラーによって、目元の印象は驚くほど変化します。しかし、ライナーはいつもブラックという女性も多いかもしれません。また、たまにはほかの色を使ってみたいけれど、黒以外にどんな色を選べばいいかわからないという場合も。さっそく、アイライナーの色の選び方についてご説明します。

◇正しい決め方は? アイライナーの色を選ぶ基準

☆パーソナルカラーに合わせる

肌の色、髪の色、瞳の色に調和する色を「パーソナルカラー」と言います。これらに合う色を選ぶと、魅力的な目元になるだけでなく、顔全体的のバランスが整います。

・肌の色に合わせる
ピンクがかった肌色……ココアブラウン
黄みがかった肌色……マホガニーブラウン

・瞳の色に合わせる
黄みがかった明るい瞳(スプリングタイプ)……明るいブラウン
柔らかいブラックや明るいブラウンの瞳(サマータイプ)……ピンクブラウン、グレー
深みのあるダークブラウンの瞳(オータムタイプ)……カーキグリーン、アッシュ系ブラウン
くっきりしたブラックの瞳(ウィンタータイプ)……ブラック、ネイビー

☆なりたいイメージに合わせる

メイクの楽しいところは、いつもとちがう自分になれるところ。ですから、「自分をどう見せたいか?」を「色の持つイメージで選ぶ」こともできます。例えば、きつく見えがちな目元をマイルドに見せたいなら柔らかいブラウン。逆に、コロンとしたかわいらしい目をキリッと見せたいならブラックを選びましょう。

◇アイライナーの色で変わる印象

アイライナーの色別に、それぞれどんな目元の印象になるかご紹介します。

☆ブラック

キリッとした印象に。アイラインを太くはっきりと引くほどに、モードな印象にもなります。また、ブラックは色の中で最も暗く、最も“締まる”色です。締まるがゆえに、まわりをぐるっと囲むと目が小さく見えてしまうので注意しましょう。

☆ブラウン

ナチュラルでマイルドな印象に。肌色と同系色の延長にある色なので、馴染みがいい色です。ダークブラウンであれば、黒より柔らかい印象になりつつ目力を出せます。また、明るめのブラウンならより自然になるので、なるべくメイク感を出したくない人、ナチュラルメイクが好きな人におすすめの色です。

☆ブルー系

クールな印象になります。ネイビーブルーなら知的な印象が増し、鮮やかなブルーなら涼しげな印象に。ブルー系のアイライナーを使うと白目の色に透明感が出るので、よりスッキリした目元を演出できます。

☆レッド系

女性らしく、情熱的で色っぽい印象に。血の色であり、皮膚の下にある色なので、肌に馴染みやすい色です。はっきりしたレッドなら鮮烈な強さが出て、ワインレッドなどの暗い色になると落ち着いた中に色気が増して見えます。

☆グリーン系

フレッシュで爽やかな印象に。パステル系ならいっそう爽やかに、エメラルドグリーンなら深みの中に透明感がある印象になります。また、グリーンにくすみが入るとカーキ系になりますが、こちらも肌に馴染み、メンズライクなナチュラル感が出ます。

◇初心者におすすめの色は?

メイク初心者であれば、最初は黒やブラウンから使って描き方に慣れましょう。色が肌に馴染みやすいため、少しラインがガタガタしても目立ちにくい点も嬉しいところ。慣れてきたらほかの色にもチャレンジしていくと、それぞれの色の効果と自分との相性もわかってくるはずです。

◇2018年人気カラーって?

今季は「ヴァイオレット」と「グリーン」に注目です。今年に入って発売されたものの中でも、ヴァイオレッド(紫系)のものがいくつかあります。洋服や靴などと合わせて、目尻に紫色が見えたら色っぽくてオシャレだと思います。合わせるリップも、ブラウン、ベージュ、ピンク系と幅広く選べるので、意外に合わせやすいのも素敵な点ですね。

次にグリーンですが、こちらも今春の新色アイライナーの中で多いカラー。深みのあるブルーグリーン系が多いようです。今年の流行色「ヴィジョナリーミント」はネイル、アイシャドウでよく見かけます。それに合わせるなら、深みグリーンのアイラインがおすすめです。

次ページ:美容研究家が教える! アイライナーの引き方

お役立ち情報[PR]