お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、“ホラー×ダイニング”の新感覚エンターテインメントオープン

ダークレストラン~恐怖の晩餐会~イメージ

株式会社ユー・エス・ジェイが運営する、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2013年9月13日(金)から11月10日(日)のうち、金・土・日・月と10月31日(木)の36日間、恐怖と食事を融合させた、まったく新しい絶叫体験を可能にする新感覚エンターテインメント「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」を新しくオープンする。

■一点の光もない暗闇の中、背筋が凍りつく晩餐会。見えない恐怖があなたをパニックに引きずり込む、新しい恐怖と絶叫の境地「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」

一寸先も見えない暗闇の中、目の前、横、背後で何かが起こっている“気配”を絶え間なく感じ続ける恐怖に絶叫しながら、数々の絶品料理を、視覚以外の感覚を駆使して味わう、新感覚のエンターテインメント。不気味なBGM、四方八方から聞こえる声、背中に伸びる手・・・見えない恐怖が押し迫るたびに研ぎ澄まされていく感覚が、不安を煽り、恐怖心を加速させ、ゲストを異次元の興奮と絶叫体験へと導く。ゲストは自分でも驚くほどの叫び声を上げ、最後にはこれまで体験したことのない解放感を味わうことができる。

「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」
「世界一美味い料理」を作るという夢を叶えることなくこの世を去った一人の若い料理人が、その執念のあまりにゾンビとして蘇り、「この世で最も美味い食材」を探し続けながら、暗闇で催す密かな晩餐会。
ゲストは、完全な暗闇の中、ゾンビシェフが腕によりをかけた絶品料理を堪能する。晩餐会が催されている間、連続して襲いかかる見えない恐怖によって、ゲストはこれまで体験したことのないパニックに引きずり込まれる。そして、クライマックスに待ち受けているのは…

「ダークレストラン」は1日限定200名(予約制)のエンターテインメント。チケットは2013年8月20日(火)よりWEBチケットストア(PC/スマートフォン携帯電話)にて事前販売を開始。チケット価格1名2,800円(税込)、売り切れ次第販売終了。(※WEBでの事前販売にて残席がある場合のみ、パークでの当日販売あり。)
開催日時は2013年9月13日(金)~11月10日(日)のうち金・土・日・月と10月31日(木)、ハロウィーン・ホラーナイト開催中1日2回開催(1回約45分、全席指定/予約制)。受付は1回目:17:00/2回目:19:30、開演は1回目:17:45/2回目:20:15 各回100名。

■「ハロウィーン・ホラーナイト」について

さらに同パーク内で、「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を2013年9月13日(金)~11月10日(日)に開催する。

期間中の毎週金曜日、土曜日、日曜日、月曜日と10月31日(木)の18時より、ハリウッド・エリアのキャノピー下と「ユニバーサル・ワンダーランド」を除く全てのエリアが、史上最大数のゾンビが出没するホラーパークに一変。

パークの約90%を占拠、約1kmもの大行列をなすゾンビの数は、昨年の3倍!ゾンビと兵士の戦闘が繰り広げられるエリアや、突然ゾンビに襲われてしまうエリアなど、パークの至る所で連続して巻き起こる様々な恐怖が、ゲストの大絶叫レベルを極限まで引き上げる。いつもの自分ではいられなくなる、ハロウィーン・イベント史上最恐のホラーパークが出現。
 
今年はさらに、新しい恐怖も登場!パークの人気アトラクションやレストランが、ハリウッドをも震撼させた「貞子」の怨念に呪われ、ゲストをパニックへと引きずり込む。そして、昨年初登場し、多くのゲストがその恐怖の虜になった伝説のアトラクションがアップグレード。「ジェイソンのブラッド・ダイナー 2」と「ザ・マミー・ミュージアム~ハムナプトラ神々の呪い~ 3」となり、新しい恐怖を伴って、今年は正午から大絶叫の連鎖を呼び起こす。2013年8月9日(金)、10万人超にして初の生還者が出現した「バイオハザード・ザ・リアル」も加わる「ハロウィーン・ホラーナイト」は、大絶叫が連続の史上最大規模での実施となる。

お役立ち情報[PR]