お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

憎い二重あごを撃退する小ワザ「口を大きく開けてう・い・う・い」「口の中で舌をぐるぐる回す」

「どんなときでも細く美しくいたい」と思うのが女性のサガですよね。なのに、ダイエットしてもなかなかスッキリしないのがお顔のお肉。この二重あご、何とかならないの!? 健康美スペシャリストの東祐由紀先生に聞いてみました。

【フェイスラインがダルダルに!? 「小顔ローラー」使用時の注意点⇒】

「顔ってあまり動かさないから、むくんでいることが多いんですよ。二日酔いの日や生理前は特にむくみやすいですよね。なので、少しのマッサージでも効果が出やすく、顔がスッキリしますよ」

本当ですか!? この憎い二重あごをすぐにでも撃退したい! というわけで、東先生にすっきりしたフェイスラインになるための方法を伝授していただきました!

●二重あごに効く2つのツボ

「二重あごに効くツボというのがあるんです。ひとつは、アゴの真下にある上廉泉(かみれんせん)というツボ。もうひとつは耳とアゴをつないだフェイスラインの凹んでいるところ、これを頬車(きょうしゃ)といいます。むくみが取れて、顔がスッキリするツボなんです。最初は痛いと思うんですけど、むくみが取れてくるにつれ、段々痛くなくなりますよ」

押してみると、確かに痛い! そしてなんだか固い! 老廃物がここに溜まっているのかしら……。「むくみよ消えろ」と念じながら、グリグリマッサージします。

●口を大きく開けて「う・い・う・い」の体操!

「上廉泉と頬車のツボを押しながら、さらに口を大きく開けて「う・い・う・い」と50回くらい繰り返します。思い切り口を動かして、表情筋が動いているのを意識してくださいね」

ここで注意してほしいのは、終わった後には必ず、頬をふくらませること。普段動かさない筋肉を使うと、ほうれい線がくっきり出てしまうので、中から伸ばしてあげます。

●口の中で舌をぐるぐる回して表情筋トレーニング

「口の中で舌をぐるぐる20回くらい回すのも小顔効果があります。日本語ってあまり口を動かさないですよね。だからこれも続けてやると、顔の筋肉が痛くなると思いますよ」

20回どころか、10回を越えたあたりでもう口の中が痛いです。普段いかに動かしてないないかがわかりますね!

●表情筋を鍛えながら、ついでに下半身のストレッチもやれば、一石二鳥!

「顔のエクササイズをするときは、首をそらせてる状態のほうが効果があるんです。ただ、座った状態で上を向くと疲れちゃうので、寝転がった状態でやるといいですよ。ヨガでいう『卍のポーズ』というのがあるんですが、その状態で寝転がって、顔を上に向けてエクササイズをするんです。そうすれば首が疲れないし、太ももを伸ばすエクササイズをしながらいっぺんに、顔のエクササイズもできちゃいます。もちろん普通に寝転がった状態でもOKですよ」

卍のポーズを調べてやってみたものの、太ももがつりそう……! その体勢のまま「う・い・う・い」体操をします。結構キツイぶん、かなり効いてる気がします!


●首のマッサージで、華奢見え!

「喉仏の両サイドに走っている首のスジがあるんですが、これを胸鎖乳突筋と言います。ここがキュっと出てると、首のラインが細く、華奢に見えるんです。この首のところから、鎖骨を通って、肩に向かって流してあげてください」

目指せ首長美人♪ アロマオイルを使ってマッサージするのもいいそうですよ。

●身近なアイテムを使って、二重あご撃退!

「身近なアイテムを使ってトレーニングすることもできますよ。たとえば割り箸。口を『いー』としながら割り箸を噛むだけで、表情筋が鍛えられます。ついでにその状態で背筋とかやると、首まわり、顔まわりが一度にスッキリしますよ。ハタから見るとすごい格好になっちゃうんですけど(笑)」

これならテレビを見ながらでもできますね。最初は楽ちんに思えても、だんだん顔の筋肉が疲れてくるのがわかります!

◆太ったのではない。むくんでるだけかも!
東先生いわく、鏡をチェックして太ったなと感じたときは、一度顔のむくみを疑ったほうがいいそう。いきなり食事制限などのダイエットをすると、むくみが余計ひどくなることも。毎日じっくりマッサージして、二重あご撃退、小顔美人を目指しましょう!

取材協力/東祐由紀先生
美と食と運動のトータルで人それぞれにあった方法で究極の健康美ボディをデザインする、健康美人養成のスペシャリスト。
http://ameblo.jp/yukisan58/

(中村未来/清談社)

お役立ち情報[PR]