お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

SNSにいたずら・悪ふざけの様子を投稿 8.8%「第三者の目を意識していない」

あなたはアルバイト先などの勤め先で「悪ふざけ」をしたことはありますか?

株式会社リビジェンが全国の10~20代の男女500人を対象に、「ネット上での悪ふざけ投稿」に関するアンケート意識調査を行った。それによると、「勤め先(アルバイト先など)でいたずら・悪ふざけをした経験があるか?」の質問に対して、全体の1割を超える11.4%が「ある」と答えていることがわかった。ちなみに「ない」は83.2%で、5.4%が「覚えていない」と回答した。
具体的に挙がった回答として、「つまみ食い(20代男子)」「まかないで創作料理を作る(20代女子)」「盗み(10代男性)」などがあった。

【写真の写り方で、自分の性格がわかっちゃう「視線を外す、変顔=自己主張が強い」】

「SNSにあなた自身または仲間による悪ふざけの様子を投稿した経験」については、6.2%が「ある」と回答。また「知人の悪ふざけの様子の投稿をSNSで見た経験」については、3割以上の32.2%が「ある」と答え、「知人の悪ふざけ投稿に対してリツイートや『いいね!』またはコメントをした経験」には11.0%が「したことがある」と答えた。

「悪ふざけ」の様子をSNSに投稿したことはありますか?

知人の「悪ふざけ」の様子がSNSに投稿されているのを見たことはありますか?

また、「第三者の目に触れやすいSNS投稿で、知人以外が見る可能性を意識しているか?」の問いに対しては、「強く意識している」が38.0%、「意識している」が42.6%だったのに対して、「全く意識していない」が2.2%、「あまり意識していない」が6.6%、「どちらともいえない」が10.6%と、全体の2割近くが第三者に見られる意識が不足または曖昧であることがわかった。

第三者の目にふれやすいSNSに投稿する際、知人以外の人も見る可能性があることを意識していますか?

お役立ち情報[PR]