お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

男女別、鉄板の話題は? 「二度目まして」の会話のコツ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「初めまして」のときは、お互いのプロフィールを話しておけば、ある程度、会話は続くもの。意外と難しいのが「二度目まして」のときかもしれません。あの話は前回したし、今度は何を話せばいいのか……と言葉を詰まらせてしまう人も多いのでは? 働く女子たちに、「二度目に会った人」とスムーズに会話するために工夫していることを聞いてみました。



■前回の会話を広げる(28歳/医療)
「初めて会ったときに聞いた話題を広げる。たとえば、旅行へ行くという話をしていた場合は『旅行、楽しかった?』とか。それがきっかけで話が派生していきます」

職業柄、「二度目まして」を体験することが多いため、初対面のときに話した内容をよく覚えているのだそう。コツは会話の内容や印象をメモしておくのだとか。

■男女別・鉄板の話題(25歳/保険)
「初対面のときはなかなか踏み込んだことは聞けないので、二度目に会ったときは、ちょっと突っ込んだ話を。男性には仕事の話、女性には恋愛の話を振るようにしています。鉄板の話題なので盛り上がれます」

男性としても、仕事の話を女性が熱心に聞いてくれるのはうれしいですよね。特に気になる男性に仕事の話を振ってみるのは、いいかもしれませんね。

■共通の話題を広げる(30歳/飲食)
「できるだけ、初めて会ったときに共通の話題がないかを探っておく。趣味や好きなアーティスト、恋愛……。同じものが好きな場合は、ほかにも共通点がある場合が多いような気がします」

ポイントは、初めてましてのときにどれだけたくさん話ができるか、ということ。お見合いではないけれど「ご趣味はなんですか?」ぐらいから聞きはじめるのがいいのかも?

■冗談? からスタート(31歳/販売)
「二度目に会う人にも、『初めまして』と冗談で言ってみる。ノリがいい人だと、『いやいや、この前会ってるし!』と笑顔で返してくれるのでつかみはオッケー! ただ、気分を悪くする人も多い方法なので、そのあたりは見極めないといけません」

なかなか危険も伴う方法ですが、初めてのときにノリがいいと感じた相手なら、やってみてもいいかも?

初対面のときだけではなく、二度目に会ったときも会話が弾むと、これからも仲よくしていきたい、と感じるもの。ほんの少し工夫を加えて、楽しい会話にしたいものですね。みなさんが工夫をしていることはありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]