お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ねむりのヒミツ

快眠のコツは高さ? 素材? 「枕のこだわり」大調査!

毎日の眠りの友ともいえる「枕」。頭を支える大切な役割を持っていますが、素材も形も好みが分かれるところ。そこで、働く女子に枕のこだわりについて聞いてみたところ、いろいろな回答が出てきたので、早速、ご紹介しましょう。

■素材へのこだわり
・「羽とビーズ両面使用、その日によって面を変える」(26歳女性/電機/技術職)
・「低反発。自分に合った高さのものを選んで使っている」(28歳女性/その他/事務系専門職)
・「羽毛」(25歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「オーダーメード枕を使っています」(31歳女性/食品・飲料/その他)

低反発という回答がやや多かったですが、素材はみんなバラバラ。ほかには「そば殻」や「タオルを重ねて使う」という回答がありました。タオルは高さ調節がしやすく、洗いやすいのがポイントと言えそうです。

■使い慣れたものが一番
・「小さいころから同じものを愛用している」(32歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・「今使っている枕が最高」(29歳女性/不動産/事務系専門職)

素材や高さというよりは、使い慣れているものが一番いいと感じる回答も多かったです。ただ一部には理想の枕がわからずにいろいろ試して悩んでいるケースも。「旅行先のホテルや旅館の枕はふかふかしすぎることが多い」(24歳女性/団体/公益法人・官公庁/専門職)といった回答もありました。

■素材以外のこだわり
・「かたいものはNG。清潔にしたいので、洗えるものが理想」(28歳女性/商社・卸/営業職)
・「柔らかすぎず、硬すぎず。高すぎず、低すぎず」(29歳女性/電機/技術職)
・「高すぎず低すぎず肩に負担がかからない枕がいい」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

枕は垢やダニがたまりやすい場所なので、丸ごと洗えるのは便利ですよね。カバーしか洗えないものは、掃除機を利用したり日光消毒したりするのもいいみたい。全体的な傾向として高さや柔らかさは、極端でないものを好む回答が多かったです。ちなみに筆者は肩こり軽減対策用の、丸ごと洗えるタイプを使っています。

今回のアンケートでは、枕にこだわりを持つ人は多くはないものの、好みの素材は人それぞれ、高さや柔らかさは極端すぎないのがいいという結果になりました。よく眠れなくて困っている女子は、一度枕売り場に足を運んで、自分に合いそうなものを探してみるのもいいかもしれませんよ。

※『マイナビウーマン』にて2013年7月にwebアンケート。有効回答数313件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]