お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

会計時が決め手!? 「飲食店で男性の振る舞いにキュンとした瞬間」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

高級なレストランや、大人っぽいバーでのデート。普段使いしない店だと、たじろいでしまったり、自分の挙動や所作に不安を感じたりすることもありますよね。そんな中、同席している男性がしゃんとしていると、普段以上に頼もしく感じるものです。思わずカッコいいと思った異性の振る舞いについて、女性のみなさんに聞きました。



■英語のワインリスト(25歳/商社)
「少し高めのイタリアンに行き、英語で書かれたワインリストを渡されたとき。真っ白になってしまった私は、とっさに値段で選ぼうとしてしまったのですが、彼がソムリエを呼び、どのワインがどんな味かを尋ねてくれました。知ったかぶりしたりせず、『どんなワインが好き?』と聞いてくれる姿を見て、大人だなーと思いました」

2人で選んだワインだと、運ばれてきてからの会話も弾むのでは。

■失態がプラスに!?(28歳/教育)
「少し高級なイタリアンのお店に行ったとき、相手の男性がグラスを倒してしまい、テーブルにお酒をこぼしてしまいました。やってきた店員の目を見て『どうもすみません』と謝ったあとに、私に向かって『やっちゃった』と……。そのギャップにキュンとしました」

表向きの姿だけでなく、内面をチラ見せしてくれることで、リラックスして食事を楽しめるはずです。

■支払いのときに……(26歳/メーカー)
「ひとまわり上の男性とジャズバーに行ったとき、知らない間にお会計を済ませていてくれました。帰り際に私が『払います!』と言うと、『じゃあ、お酒代は僕が払うから、奏者に払ってあげて』と……。『次のデートで払って』や『缶コーヒー代で』と言われることは数回あったのですが、ほかの人にという発想はなかったので、カッコいいなと思いました」

年上とのデートでは、大人のたしなみを教えてもらったときに、カッコいい! と思えそうです。

■上座に通す(25歳/メーカー)
「同級生の男子とご飯に行ったとき、私を上座に通してくれました。普通の行動かもしれませんが、昔は騒がしくてがさつな男の子だったのに、私のことを女扱いしてくれてキュンとしました」

普段はやらないような相手だと、ちょっとしたことでもカッコよく見えてしまうもの?

ほかにも「着席したままお会計をする際、私に見えないよう、テーブルの下から店員にお金を渡す」(27歳/広告)や「カバーつきのお会計ボードで隠しつつ、お札を渡す」(26歳/小売り)など、いくらだったのかわからないようにお会計をしてくれるという声が多く挙がりました。もちろん、おごられっぱなしはよくありませんが、筆者もときにはそんなレディ扱いを受けてみたいものです。あなたは異性の飲食店での振る舞いにドキッとした瞬間はありますか?

(山本莉会/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]