お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚が白紙に!? 男性がマリッジブルーの彼女にすべきこと

彼との結婚が決まると、これほど幸せに感じることはないかもしれませんね。でも実際に結婚式の用意をはじめてみると、うれしいはずなのに気持ちが暗くなってしまうこともあるもの。彼女のマリッジブルーを解消するため、やってあげたほうがいいことについて、社会人男性のみなさんに意見を聞いてみました。

■不安を解消する

・「とりあえず彼女をそばで支えてあげて、不安を解消させるよう努める」(27歳/情報・IT/技術職)

・「色々と不安点を聞いて、安心させてあげるようにする」(33歳/電機/技術職)

・「不安なことを一緒に解決する。解決できなくても、話だけでも聞く姿勢を見せる」(38歳/情報・IT/技術職)

一緒にいて、彼女の不安を聞いてあげるというのもいいかもしれませんね。精神的に不安定な彼女を支えてあげることが、とても大切なことではないでしょうか。

■楽しく過ごす

・「いろいろ遊びに行って、楽しい思いをさせる」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「一緒に出掛けて、楽しさで不安を消し去る」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「楽しくさせ、マリッジブルーを感じさせないようにする」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

一緒に楽しく過ごすことで、考えさせないようにするというのも、ひとつの方法かもしれませんね。不安を感じさせる余裕もないくらい楽しければ、マリッジブルーになることもなさそうですものね。

■そっとしておく

・「何もしないこと。時間が解決する」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「安心させること。だけど難しいのでそっとしておく」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「特に触れずにそっとしておくこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

そっとしておくという男性も多いのかもしれませんね。いくら彼氏でも、彼女の考え方をコントロールすることはできないもの。実際はいろいろと不安なことについて、話を聞いてほしい女性も多いのではないでしょうか。

■話を聞く

・「何でも話を聞いてあげることだと思います」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「彼女の不安が無くなるまで話を聞いてあげる」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「話を聞いてあげること。解消できそうな心配事なら話し合って解決させたほうが良いと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

どんなことでも、まずは話を聞くということが大切なのかもしれません。結婚が決まっているわけですから、この時点から支えてあげるのがその先にも繋がっていきそうですね。

■まとめ

結婚前にマリッジブルーになってしまう女性も多いようですね。いろいろと不安なことが頭をよぎってしまい、場合によっては結婚しない方がいいのではないかとも考えてしまうのかも。中には本当にダメになってしまう場合もあるので、ここを二人できちんとクリアしていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~40歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]