楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

ママも赤ちゃんも横になりながらおっぱいをあげるスタイルの「添い乳」。体を休めながら授乳できるということで、お昼寝時や夜の入眠時に取り入れているママも多いよう。赤ちゃんに添い乳していたかどうか、実際の体験談をもとに聞いてみました。


Q.赤ちゃんに添い乳していましたか?

していた/ 44.72% していない/ 55.28%

半数近いママたちが赤ちゃんに添い乳していた結果になりました。特に夜の授乳に添い乳スタイルを取り入れているママの声が多い傾向に。それぞれの意見をみていきましょう。

添い乳をしていた人の意見

一緒に横になれるから楽

・楽に寝てくれた、自分も寝たかった。(33歳/1歳/自営業・フリーランス/学校・教育関連)

・夜中1時間おきに泣くので、いちいち起き上がれなかった。(38歳/1歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・夜眠れないので、そうしないと体力がもたなくなった。(37歳/4歳/パート・アルバイト/食品・飲料)

楽というか、そうしないと寝不足すぎて自分の体がもたないという悲痛な声も聞かれました。特に乳児の頃は1時間おき、2時間おきともいわれる授乳間隔ですから大変ですよね。

早く寝てくれた

・添い乳しながらだと、わりと早めに寝てくれるから。(33歳/1歳/正社員/生保・損保)

・添い乳をするとすぐに寝てくれるから。(33歳/5歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・なかなか泣き止まなかったから仕方なく。(27歳/1歳/正社員/アパレル・繊維)

添い乳をすると赤ちゃんが比較的スムーズに寝てくれたというコメントも目立ちました。ママと赤ちゃんの体がぴったり寄り添うから、安心するのかもしれませんね。

添い乳をしていなかった人の意見

必要なし

・添い乳タイプよりは、寝る・食べるがはっきりしている子なので、経験がない。(36歳/1歳/自営業・フリーランス/団体・公益法人・官公庁)

・本人にそんなに執着がなかったので必要がなかったから。(30歳/1歳/正社員/金属・鉄鋼・化学)

それぞれ個人差がありますが、完全ミルクや離乳食が始まってしっかり食べる子の場合は夜まとまって眠ってくれる場合も多く、必要なかったというケースもあるようです。

癖にしたくなかった

・分別をつけるためにも、しませんでした。(40歳以上/2歳/嘱託・契約社員/電機)

・くせになって離乳が大変になると聞いていたので、寝かせる直前に授乳をしていても座った状態でしていた。(33歳/1歳/主婦/その他)

添い乳しないと眠れなくなったり、卒乳しようにもなかなかおっぱいがやめられなくなったりする場合もあるよう。添い乳したから必ずしもそうなるとは限りませんが、クセになりやすいのはあるかもしれません。

危なそう

・何かあったらこわいので、少し神経質になった。(40歳以上/4歳/パート・アルバイト/その他)

・万が一寝返りして、つぶしてはいけないから。(29歳/1歳/正社員/ホテル・旅行・アミューズメント)

添い乳している間につい眠ってしまって、赤ちゃんを圧迫してしまう危険もゼロとは言えません。不安を感じるのであれば、控えたほうがいいですね。

【助産師解説】添い乳は危険!?リスク回避の5つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3529

添い乳は危険!という声も多いですが、上手に行えばママと赤ちゃんにメリットの多い授乳方法でもあります。添い乳のメリット・デメリットと、トラブルを回避するための方法やコツについて紹介します。

まとめ

添い乳をしていなかったという声が約55%で、添い乳をしていたという人を少し上回りました。ママの体を休められる、赤ちゃんが安心できるというメリットもある一方で、癖になったり、圧迫の危険性も少なからずありそうな添い乳。メリットとデメリットを知った上で、赤ちゃんとママにあった授乳スタイルが見つかるといいですね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2016年12月20日〜12月27日
調査人数:133人(21歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビ子育て編集部)

子どもを寝かしつけた後、ゆっくり自由時間を楽しむ方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7240/

ママになると、育児に家事に仕事にと、やることが盛りだくさん。「最近リラックスできていない」と感じる人も多いはず。そんなママたちの声をアンケート調査をして解決方法を探ってみました。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


蛯原友里さん、息子がボールで遊ぶ庭が広すぎ!「満喫中♪」

蛯原友里さん、息子がボールで遊ぶ庭が広すぎ!「満喫中♪」

モデルの蛯原友里さんがInstagramを更新。5歳の息子さんが青空の下、広大な庭を駆け回る写真を複数投稿し、暑い夏を親子で満喫している様子です。


平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

今年4月に第三子を出産した平愛梨さんが、Instagramで「私のビフォーアフター」として産後のボディメイクに関する投稿をしています。三人の男児を育てながら、日常生活で平愛梨さんが実践しているボディメイクメソッドとは?


ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

日本全国で連日のように猛暑日を記録する中、おうちプールを楽しんでいる人たちのSNS投稿がチラホラ出始めました。豪華なすべり台つきプール、リゾートのような優雅なプール、循環機能をつけた本格的なプールまで!


小林麻央さん39回目の誕生日、市川海老蔵さんと子どもたちで祝う 訃報から4年

小林麻央さん39回目の誕生日、市川海老蔵さんと子どもたちで祝う 訃報から4年

歌舞伎役者の市川海老蔵さんが自身のブログに、お誕生祝いの飾りつけをした自宅の様子を撮った写真を公開しています。HAPPY BIRTHDAYという手描きの文字を大きな窓に貼り付け、その下には「39」の数字。7月21日は亡き妻・小林麻央さんの39回目の誕生日です。


【漫画】手に負えない…発達障害の息子とのコミュニケーション、どうしたらいいわけ!?『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.7

【漫画】手に負えない…発達障害の息子とのコミュニケーション、どうしたらいいわけ!?『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.7

長男は自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症。グラフィックデザイナーとして働く私も発達障害の傾向があって……? 凸凹親子の日常を描いたコミックエッセイ『発達障害親子のワーママDAYS』は、隔週木曜日更新です。


最新の投稿


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。