授乳

授乳に関する記事

授乳の基礎知識からはじまり、授乳中のちょっとした疑問からコアな悩みまで、乳児を持つ母親の“知りたい”に専門家がお答えします。おっぱいトラブルなど今まさに悩んでいる問題はもちろん、外出先での授乳や断乳方法など、何かと気になる情報もぜひチェックしてみてください。


授乳中にはちみつは食べても大丈夫?母乳への影響【管理栄養士監修】

授乳中にはちみつは食べても大丈夫?母乳への影響【管理栄養士監修】

母乳はお母さんの血液から作られるということで、妊娠中に引き続き授乳中も食生活には気をつけなくてはいけない点がいくつかあります。しかし、本来ならば食べて全く問題のない食材に関しても「授乳中は控えなくては」と勘違いされているケースも見かけます。今回は中でも「授乳中のはちみつ(蜂蜜)」について解説しま


授乳中の紅茶はどのぐらい飲んでもいい?カフェインの影響【管理栄養士監修】

授乳中の紅茶はどのぐらい飲んでもいい?カフェインの影響【管理栄養士監修】

妊娠中にコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を控えていたという人もいるでしょう。カフェインについては、妊娠中だけでなく赤ちゃんに母乳を飲ませている場合でも注意が必要です。今回は授乳中の紅茶について解説します。


授乳中にお寿司は食べていい?避けた方がいいネタは?【管理栄養士監修】

授乳中にお寿司は食べていい?避けた方がいいネタは?【管理栄養士監修】

産後、お寿司を食べる機会は多いかと思います。普段の食事のほか、日本人の場合はお祝いやイベントの際、食卓にお寿司が並ぶことも少なくないでしょう。でも、授乳中は食事に気をつけなければいけないことを考えると「お寿司は大丈夫?」とちょっと心配になることも。今回は授乳中のお寿司について解説します。


授乳中に刺身(生魚)は食べていい?水銀は心配ない?【管理栄養士監修】

授乳中に刺身(生魚)は食べていい?水銀は心配ない?【管理栄養士監修】

妊娠中は非加熱(加熱が十分でない)の肉・魚がNGだったり、食べる頻度に気をつけなければならない魚介類があったりしましたが、授乳中はどうなのでしょうか。母乳はお母さんの血液からできるため「この食べ物は大丈夫かな?」と心配になるものですが、普段以上に栄養が必要な時期でもあります。今回は授乳中の刺身について解説します。


平愛梨、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

平愛梨、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

4月に第三子となる男児を出産した平愛梨さん。現在は夫の長友佑都さん(サッカー日本代表/リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属)のフランスで幼い三兄弟を育てる苦労をInstagramにつづっています。


【医師監修】コーヒーのカフェイン含有量は? 妊娠や授乳中のリスクと目安量

【医師監修】コーヒーのカフェイン含有量は? 妊娠や授乳中のリスクと目安量

コーヒーの得も言われぬ香りと味。コーヒー好きにはたまりません。日本人は平均すると週に10杯強のコーヒーを飲んでいると言われます[*1]。でも、妊娠中や授乳中にはコーヒーの特徴的な成分「カフェイン」の摂りすぎに、少し注意が必要です。


【医師監修】乳腺炎の症状と対処法!授乳の注意点とは?

【医師監修】乳腺炎の症状と対処法!授乳の注意点とは?

授乳中のママが多くなるといわれる乳腺炎。今回は、乳腺炎の症状や原因を詳しくお伝えし、症状や状態に合わせた対処法や改善法をご紹介します。


【医師監修】新生児の育児ストレスやイライラが辛い。よくある悩みと乗り越え方

【医師監修】新生児の育児ストレスやイライラが辛い。よくある悩みと乗り越え方

新生児育児はとてもハード。寝不足、イライラ、初めての経験で不安ばかりです。でも実際、たくさんのママたちがこの時期を乗り越えて子育てをしているのです。よく耳にする新生児育児の悩みとそれを乗り切る術などをご紹介します。


【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

授乳はママも赤ちゃんも幸せな気持ちになれるというイメージがありますが、中には反射によって授乳する時に不快感やつらい気持ちになるママもいます。ここでは、こうした気持ちの原因になる「不快性射乳反射」についてお話しします。


【医師監修】卒乳のタイミングはいつ? 正しい方法と大事な注意点

【医師監修】卒乳のタイミングはいつ? 正しい方法と大事な注意点

いつか授乳が終わる日が来るとはわかっているけれど、いつごろ卒乳すればいいのか気になるママも多いことと思います。ここでは、卒乳と断乳の違いや卒乳するタイミング、卒乳・断乳のやり方についてお話しします。


【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。


【医師監修】乳腺炎に葛根湯は効果的?授乳中の服用について

【医師監修】乳腺炎に葛根湯は効果的?授乳中の服用について

乳腺炎に漢方薬の葛根湯(かっこんとう)が効く、そんなことを見聞きしたママも少なくないと思います。漢方薬なら、なんとなく体にもやさしそうだし……と思うかもしれませんが、漢方薬も薬の一つ。正しく使用することが大事です。


ワコールより産後用ブラ『とろけてバストになじむブラ―産後―』が新発売

ワコールより産後用ブラ『とろけてバストになじむブラ―産後―』が新発売

ワコールのマタニティ女性向けのブランド「ワコールマタニティ」より、体温でカップ上辺がなじんでバストにフィットする『とろけてバストになじむブラ -産後- 』が2020年11月上旬より発売されます。


明治 乳幼児ママ・プレママの備蓄・防災に関するアンケート調査2020を公開

明治 乳幼児ママ・プレママの備蓄・防災に関するアンケート調査2020を公開

明治はこのほど、日本全国の乳幼児ママ・プレママ(第一子妊娠中、または末子年齢が2歳未満)465人を対象に、備蓄・防災意識に関するアンケート調査を実施しました。その結果、乳幼児ママ・プレママの多くが「避難所へ行くこと」や「災害時の授乳」などに不安を抱えていることがわかりました。


【助産師解説】断乳のやり方、どうするの?失敗&成功談<ママ体験談>

【助産師解説】断乳のやり方、どうするの?失敗&成功談<ママ体験談>

出産以降、出ない・飲まない・頻回でつらいなど、いろいろ悩みつつも進めてきた授乳。でも、さまざまな原因で断乳しなければならないケースがあります。そこで気になるのが「断乳の仕方」。今回は特に「母乳育児の断乳方法」についてママたちに聞き、失敗談も交えながらご紹介します。記事の最後にある川島先生の解説も併せてご覧くださいね。


マタニティパジャマって本当に必要!?  選び方と役立つ理由とは

マタニティパジャマって本当に必要!? 選び方と役立つ理由とは

出産が近づくと、産院や病院から出産準備をするように促され、マタニティパジャマを用意するように言われます。「マタニティパジャマって必要なの?」と疑問に思うかもしれませんが、機能をみていきましょう。


【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

ゲンナイ製薬は、「コロナウイルスで自重していること」について、妊活中・妊娠中・授乳中の女性を対象に意識調査を実施しました。


楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

ママも赤ちゃんも横になりながらおっぱいをあげるスタイルの「添い乳」。体を休めながら授乳できるということで、お昼寝時や夜の入眠時に取り入れているママも多いよう。赤ちゃんに添い乳していたかどうか、実際の体験談をもとに聞いてみました。


【助産師解説】人前で授乳OK?授乳ケープの使い方は?<ママ体験談>

【助産師解説】人前で授乳OK?授乳ケープの使い方は?<ママ体験談>

乳児期の赤ちゃんとママは、どこに行くにも一緒のことが多いですよね。「近所のスーパーでお買い物」とか「近所をお散歩」ならば気軽に行けますが、遠方へのお出かけとなると、心配になるのは授乳、どうする?の問題。今回はママたちに「出先での授乳」について聞きしました!アッと驚く授乳ケープの活用法も


げ、授乳室がない! 先輩ママは外出先でどうする!?

げ、授乳室がない! 先輩ママは外出先でどうする!?

赤ちゃんと一緒に出かけるのは、いろんな準備が必要となりますよね。なかでも一番大変なのは、赤ちゃんのお腹がすいてしまった時。もしも、お出かけした先で授乳スペースがなかった場合、どうするかについてママに尋ねてみました。