【医師監修】妊娠中の自転車はOK?NG?妊婦のリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の自転車はOK?NG?妊婦のリスクと注意点

妊娠中は、母体や胎児に影響が出るという理由で、妊娠していないときと同じようにはいかないこともあります。自転車の運転はどうなのでしょうか? 通勤や買い物、上の子の送迎などでどうしても自転車に乗らざるを得ない妊婦さんも多いですよね。ここでは、妊娠中に自転車に乗る際の注意点などを紹介します。


妊娠中に自転車に乗ってもいいの?

Getty logo

あまり意識していないかもしれませんが、自転車に乗るのは、「軽い運動」です。妊娠中は、妊娠していないときと比べて体重の増加、背骨の湾曲が強くなる、重心が前に移動する、関節がゆるむ、といった変化が起こります。また、循環する血液や心拍数、肺の換気量や基礎代謝率などが増えます。このような体の変化は、本来運動には不向きです。

そのため、妊娠中には、バランスをとるのが難しい運動、人と接触する運動、人と競う運動、酸素濃度が落ちる運動は避けるべきとされています。具体的には、柔道、空手、レスリング、スキューバダイビングなどです。

その一方で、妊娠中に運動すると、体重が増えすぎるのを抑え、体力を維持し、お産に必要な持久力を維持することができます。なにより、精神的なストレスが発散できるというメリットもあります。こうした効果を期待して、ウォーキングや水泳、エアロビクスなど、全身を使ったものや有酸素運動は妊娠中に行うのが望ましいとされています。

それでは、自転車はどうなのでしょうか。単純に自転車をこぐのは有酸素運動なので望ましい運動です。つまり、スポーツジムなどにある、固定されている自転車は妊娠中にも向いている運動と言えます。

ただし、通常の自転車は、乗りこなすのにバランス感覚が必要です。転倒の危険もあります。アメリカ産婦人科学会では、「転倒の危険がある」として、未舗装のデコボコ道を走るオフロードサイクリングを妊娠中は避けるべき運動に含めています[*1]。

というわけで、日常生活で自転車に乗ることは、転倒しないように乗れば、特に問題は無いということになります。上の子どもを保育園に預けるのに、1kmの道を歩いて行くのと、自転車に乗っていくのでは自転車に乗る方が合理的で無理のない行動ですよね。

こんなときは乗っちゃダメ!

転倒に気をつければ、妊娠中に自転車に乗ることは特に問題は無いことは説明しました。ここでは、自転車に限りませんが妊娠中、運動を避けたほうがよい条件について紹介します。

バランスがとりにくくなってきたら避ける

妊娠中は重心が前方・上方へ移動し、体重も増加するため、バランスを崩しやすくなります。妊娠後期になればなるほどおなかも大きくなってきます。自転車に限ったものではありませんが、妊婦さんが運動を止める時期については、以前は妊娠35週ごろ(36週以降では子宮収縮を誘発することがあるため)[*3]が推奨されていたこともあるようですが、現在では40週(分娩直前まで)[*4]や「経過が順調であればとくに制限しない」[*2]という考え方もあるようです。

「妊娠何週になったから自転車に乗るのをやめなければならない」というよりも、「乗っているうちにお腹が張ってくる」「バランスを取りにくくなってきた」と感じたら乗るのをやめたほうがよいでしょう。

医師から禁止されている場合

母体に心疾患や感染症が見られる場合などは、医師から運動を禁止されることがあります。もしそうでなければ、苦しくない程度に楽しく運動するのは問題ないでしょう。

ただし、下記のような病気や症状のある場合は医師の判断で運動は禁止となることがあります。

医師から運動を禁止される条件は、下記のとおりです[*5]。
・重い心臓や呼吸器の病気がある
・切迫流産や切迫早産の兆候が出ているとき
・子宮頸管無力症
・前期破水している
・性器出血がある
・前置胎盤や低置胎盤である
・妊娠高血圧症候群である

妊娠中に自転車に乗るときに注意すべきことは?

条件によっては乗らないほうがよいこともあります。乗るときは以下のことに注意しましょう。

天候の悪いときは乗らない

路面が濡れていると転びやすくなるので、大雨が降っているときや雨が上がった直後なども自転車は避けたほうがよいでしょう。風の強い日も風にあおられて転倒しやすくなるので、やはり自転車に乗るのは避けたほうが無難です。

転ばない、事故を起こさないように慎重に運転を

とにかく、自転車は転ばないように慎重に乗ることが一番大切です。もし、転倒したときにおなかを打撲すると、胎盤の早期剥離につながることがあります。また、バランスを保とうとして足腰に無理な負担をかけることもケガにつながります。坂道やデコボコ道などの平坦でない場所での自転車は、転倒する危険性がさらに高くなるため避けましょう。

1回1時間までを目安に

妊婦さんが運動する場合、1回の運動時間は60分以内、頻度は週2~3回までにとどめることが推奨されています。自転車に乗る場合も、これをひとつの目安にすると良いでしょう[*4]。

まとめ

「最寄り駅まで遠い」「買い物の荷物を手で持って歩くのがきつい」「上の子どもの送迎で必要」などなど、さまざまな理由で自転車は生活に欠かせない乗り物です。ですから、「妊娠中の自転車は禁止」といわれてしまうと困ってしまう人は多いのではないでしょうか。

とはいえ、妊娠しておなかが大きくなってきた時に自転車に乗るとバランスを崩しやすく、転ぶ可能性が高まります。おなかが大きくなって、今までのように乗れないと感じるようになったら無理は禁物です。不便なのは出産までの一時期と割り切って、公共交通機関やタクシー、徒歩など、できるだけ転倒の不安が少ない移動手段を利用するようにしましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科医 太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

(文:今井明子/監修:太田寛先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]ACOG(米産科婦人科学会)FAQ 妊娠中の運動 Exercise During Pregnancy/妊娠中はどの運動を避けるべきですか?What exercises should I avoid during pregnancy?
https://www.acog.org/Patients/FAQs/Exercise-During-Pregnancy?IsMobileSet=false#exercises
[*2]妊婦スポーツの安全管理基準(産婦人科部会 - 日本臨床スポーツ医学会)
https://www.rinspo.jp/pdf/proposal_11-1.pdf
[*3]日産婦誌44巻1号 妊婦と運動
http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=to63/44/1/KJ00002539045.pdf
[*4]日産婦誌51巻9号 妊婦のスポーツ
http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=to63/51/9/KJ00001746265.pdf
[*5]産婦人科診療ガイドライン―産科編2017/公益社団法人日本産科婦人科学会
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_sanka_2017.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。