太田寛 先生

太田寛 先生

産婦人科医/アルテミスウィメンズホスピタル。
京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。

https://artemis.tokyo/

専門分野

日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

太田寛 先生に関する記事


【医師監修】妊婦に多い悩み! お腹の毛が濃くなったら脱毛していいの?

【医師監修】妊婦に多い悩み! お腹の毛が濃くなったら脱毛していいの?

妊娠したら「体毛が濃くなった」というのはよく聞く話ですよね。とくに妊婦健診でお腹を出す機会が普段より多いので、「お腹の毛」が気になっている妊婦さんもいるかもしれません。ここでは、妊娠中にお腹の毛が濃くなる理由と、気になったら妊娠中に脱毛しても問題ないのかについて解説します。


【医師監修】おしるしはどのくらい続くの? 陣痛がこないときの対処法もチェック

【医師監修】おしるしはどのくらい続くの? 陣痛がこないときの対処法もチェック

おしるしがあったらいよいよ出産が近いています。でも、なかなか陣痛が始まらなかったり、おしるしと思われるものが続いたりすると、大丈夫なのか心配になりますね。おしるしは普通どのくらい続くとされているのか、また来たときの対処法や紛らわしい症状についても知っておき、出産に備えましょう。


【医師監修】産後は車の運転いつから可能?控えたほうがいい場合も

【医師監修】産後は車の運転いつから可能?控えたほうがいい場合も

妊娠前には毎日のように車を運転していたけれど、出産を前に運転を控えていたという人も少なくないでしょう。では、産後はいつごろから車の運転をしても大丈夫なのでしょうか? 運転再開の目安や運転するときに気をつけたほうがいいポイントなどについてお話しします。


【医師監修】産後に胃痛を引き起こす原因と疑われる病気とは

【医師監修】産後に胃痛を引き起こす原因と疑われる病気とは

子育てで忙しい日々、胃が痛くなっても我慢しているママもいるのではないでしょうか? 胃痛の原因はさまざま考えられますが、見過ごせない病気で受診が必要な場合もあります。そこで今回は、産後に胃痛が起こる原因と受診の目安などをまとめました。


【医師監修】妊婦の体重管理|妊娠中の理想的な体重増加の目安

【医師監修】妊婦の体重管理|妊娠中の理想的な体重増加の目安

体重管理は、妊婦さんにとって関心の高いことのひとつかもしれません。妊娠すると体重は増えるものですが、増えすぎても、そして逆に増えなさすぎてもリスクが高まる可能性があります。妊娠中の正しい体重管理を知っておきましょう。


【医師監修】陣痛の間隔がバラバラで不規則…これは前駆陣痛?本当の陣痛?

【医師監修】陣痛の間隔がバラバラで不規則…これは前駆陣痛?本当の陣痛?

分娩につながる陣痛だと思ったら、妊娠後期につきものの前駆陣痛(ぜんくじんつう)だったということは珍しくありません。落ち着いて分娩の日を迎えるためにも、前駆陣痛と本当の陣痛の違いについて知っておきましょう。


【医師監修】妊婦は入浴剤は大丈夫? 妊娠中のおすすめ入浴剤と要注意な入浴剤は?

【医師監修】妊婦は入浴剤は大丈夫? 妊娠中のおすすめ入浴剤と要注意な入浴剤は?

妊娠前は何気なくしていたことなのに、妊娠がわかると「これは妊娠中にやっていいのだろうか?」と、突然気になることもあるのでは。入浴剤もそのひとつかもしれません。妊娠中に使用を避けたほうがよい入浴剤はあるのでしょうか。


【医師監修】前駆陣痛はいつから? 陣痛との痛みや間隔の違いとは

【医師監修】前駆陣痛はいつから? 陣痛との痛みや間隔の違いとは

出産予定日が近づくとおなかの痛みを感じることがたびたびあります。これは出産開始のサインなのか、そのほかの痛みなのかが分からないと不安ですよね。今回は出産前に感じる「前駆陣痛」と出産時の「陣痛」の違いや、出産日までの過ごし方などをまとめました。


【医師監修】切迫早産で入院したら?ストレスの少ない過ごし方と保険適用について

【医師監修】切迫早産で入院したら?ストレスの少ない過ごし方と保険適用について

妊娠中期から後期の間に切迫早産で入院することになって、戸惑っている人はたくさんいます。ここでは切迫早産とはどういった状態なのか、さらに入院中の治療や過ごし方、入院費についてお伝えします。


【医師監修】妊娠33週には入院の準備を!赤ちゃんの変化・ママの生活上の注意点

【医師監修】妊娠33週には入院の準備を!赤ちゃんの変化・ママの生活上の注意点

妊娠9ヶ月になると子宮による内臓の圧迫が進み、動悸や息切れ、頻尿などで、ちょっとした外出でも疲れやすくなります。くれぐれも無理をしないようにしましょう。急な出血や切迫早産などになることもあるので、万一に備えて入院の準備をしておくとよいでしょう。


【医師監修】妊娠22週で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

【医師監修】妊娠22週で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

胎動の感じ方は人それぞれで、なおかつ初めての妊娠では赤ちゃんの動き(胎動)はわかりにくいものですが、妊娠22週以降になるとほとんどのママが「動いた!」と認識できるようになってきます。赤ちゃんが大きく育つこの時期は、体重の増えすぎや妊娠糖尿病にも注意が必要です。


【医師監修】妊娠14週。赤ちゃんの成長と、流産などの注意点

【医師監修】妊娠14週。赤ちゃんの成長と、流産などの注意点

妊娠14週(妊娠4ヶ月)。このころにはつわりが少し軽くなってきた人が多いことでしょう。もう少しで俗に安定期と呼ばれる時期に入ります。超音波検査でみられる赤ちゃんも、だいぶヒトらしい形に近づいてきます。楽しみな出産に向けて、この時期の注意点をまとめておきます。


【医師監修】産み分けはできる?男女の産み分け方法の真実

【医師監修】産み分けはできる?男女の産み分け方法の真実

「生まれてくる赤ちゃんの性別をコントロールしたい」という考えは根強く、ちまたには男女の産み分けに関するさまざまなうわさがあふれています。生殖医療技術が進化した今、はたして性別の産み分けは可能なのでしょうか?


【医師監修】赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠何週目?エコーはどう見える?

【医師監修】赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠何週目?エコーはどう見える?

妊婦健診の際、赤ちゃんに問題がないか、順調に成長しているかが気にかかるのはもちろんのこと、赤ちゃんの性別も気になるものです。洋服や命名の準備を進める上でも、男の子か女の子かを早く知りたいという人は少なくないでしょう。赤ちゃんの性別はいつ頃わかるものなのでしょうか? また、よく聞く「赤ちゃん性別ジンクス」の真偽のほどは?


【医師監修】妊娠5週に見られる特徴的な4つの症状と気を付けたいこと4つ

【医師監修】妊娠5週に見られる特徴的な4つの症状と気を付けたいこと4つ

妊娠5週は妊娠していなければ生理(月経)開始予定日から1週間が経過したころ。生理がないため「妊娠したの?」と気づく人が増え始めます。つわりのような症状が現れる人もいますが、とくに体調に変化のない人もいて、まだ妊娠の実感が薄いかもしれません。しかし、赤ちゃんの身体で重要な器官ができ始めるとても大切な時期です。


【医師監修】妊娠28週の「体の変化・ 必要なこと・注意点」

【医師監修】妊娠28週の「体の変化・ 必要なこと・注意点」

妊娠28週からは「妊娠後期」に入ります。今回は、妊娠8ヶ月の1週目である妊娠28週にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠中の自転車はOK?NG?妊婦のリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の自転車はOK?NG?妊婦のリスクと注意点

妊娠中は、母体や胎児に影響が出るという理由で、妊娠していないときと同じようにはいかないこともあります。自転車の運転はどうなのでしょうか? 通勤や買い物、上の子の送迎などでどうしても自転車に乗らざるを得ない妊婦さんも多いですよね。ここでは、妊娠中に自転車に乗る際の注意点などを紹介します。


【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。


【医師監修】妊娠25週、ママの体の変化と注意したいこと

【医師監修】妊娠25週、ママの体の変化と注意したいこと

妊娠中期には成長スピードがさらに速まり、妊娠25週ごろからは赤ちゃんの体重は1週間に100g以上ずつ増えていきます。それに伴いママの体の負担も増えてきて、腰痛なども起こります。楽な姿勢で寝るなど、毎日を快適に過ごす工夫や食生活で注意したいことを紹介します。


【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

妊娠がわかってから、食べ物に気をつけているママは多いことでしょう。十分な栄養を摂って赤ちゃんと自分を元気づけてあげたいですね。今回は栄養豊富な食材として人気の魚について。妊娠中に寿司ネタなどで生魚を食べるリスクや、火を通していても量には少し注意が必要な点についても紹介します。