【医師監修】妊娠初期症状がないけど大丈夫? 原因と赤ちゃんへの影響について

【医師監修】妊娠初期症状がないけど大丈夫? 原因と赤ちゃんへの影響について

妊娠したらつわりで吐いてしまう……。ドラマなどでよく見かけるこの光景。ところが実際には妊娠初期症状はさまざまで、中には全くつわりを経験しない人も。今回は、妊娠初期症状とは、また感じないケースもあるのか、などについてまとめました。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 太田寛 先生
松岸レディスクリニック(千葉県成田市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士。

「太田寛 先生」記事一覧はこちら⇒

妊娠初期症状で有名な「つわり」。でも、ない人もいる

妊娠初期に多くの妊婦さんが経験する「つわり」。そのため妊娠の典型的な初期症状として広く知られていますが、全ての人が経験することでもないようです。

そもそも、つわりとは?

つわりと言えば「気持ち悪くてムカムカする」、「吐いてしまう」、「食欲がない……」というイメージを持つ人が多いと思います。医学的につわりを説明すると「妊娠初期にみられる悪心(おしん。むかむかすること)・嘔吐(おうと)を中心とした消化器症状」[*1]のこと。症状は妊娠5~6週から現れることが多いのですが、多くは一過性で、妊娠12~16週ごろにかけて消えていきます。

つわりは50~80%の妊婦が経験し、初産婦に多いと言われています[*2]。気分や食べ物の好みの変化、唾液が増える、といったこともつわりの一種で起こるものと考えられています。

【助産師解説】つわり症状ってどんな感じ?<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1797

つわりのイメージは吐き気や嘔吐ですが、実はその症状には幅があるようです。今回は、実際につわりを体験されたママたちに、つわりの症状についてお伝えしたいと思います。つわりって、吐き気だけじゃないんです!!

【医師監修】つわりの時期はいつから? つらいピーク時期の対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3505

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。

ほかに表れやすい妊娠の初期症状とは

つわり以外でも、妊娠初期に体の変化を感じることがあります。どのような症状を感じやすいのか見ていきましょう。

体温が高い、熱っぽい

風邪のような症状(頭痛・関節痛)や、体が熱っぽく感じられることも妊娠初期にはよく見られます。

眠くてだるい

妊娠初期は、眠気やだるさが強まる人も多い傾向にあります。中には、空腹時に強く感じるつわりが原因で夜中に気持ち悪さを感じ、寝不足になる人もいるようです。

トイレが近い

妊娠するとだんだん子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、頻尿になることもあります。

下腹部が痛い

妊娠初期には子宮へ流れる血液の量が増えて筋肉が伸び、子宮を支えるじん帯や広間膜(子宮の後ろ側にある膜) が引っ張られやすくなります。このときに生理痛のような張りや痛みを感じることも。多くは生理的な痛みですが、眠れないくらいひどい腹痛があったり、100mlを越えるような多量の出血を伴ったりするときは医療機関を受診しましょう。

便秘になりやすい

妊娠してから便秘になりやすくなる人もいます。「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが増加し胃腸の動きが悪くなる影響、大きくなった子宮による圧迫などから、食べ物が胃腸に留まる時間が長くなることが要因と考えられています。

全身がかゆい

妊娠して基礎代謝が上がることで汗をかきやすくなったり、ホルモンバランスの影響で皮膚が敏感になったりする人もいます。

胸の張りや痛み、かゆみなど

ホルモンの影響で乳腺が発達し始め、乳房に張りや痛みを感じる人もいます。中には乳首と下着がこすれるだけでも痛いほど、敏感になることもあるようです。また乳輪や乳首、胸全体が大きくなったり、胸や乳首にかゆみを覚えたりすることも。

おりものの変化

ホルモンの影響で、妊娠中はおりものの量が増える傾向にあります。

妊娠初期症状が現れる原因

ここまで見てきたように、妊娠初期に見られる体の変化はさまざまです。しかしつわりなどの妊娠初期症状がなぜ起きるのか、はっきりとした理由はまだよく分かっていません。

妊娠の維持に必要なホルモン「ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン(hCG)」の分泌量は、妊娠8~10週ごろにピークを迎えるとされており、このホルモンの増加がつわり症状に関係しているのではないかと言われています。ほかにもこのころ低下する甲状腺刺激ホルモンの影響や、妊娠したことによる体や環境の変化・ストレスに妊婦さんがまだうまく適応できないことが影響していると考えられています。

妊娠初期症状は人によって違う

妊娠初期は流産しやすい不安定な時期で、つわりなどの初期症状があまり感じられないと赤ちゃんは元気なのか、心配になる人もいるかもしれません。しかし、妊娠の初期症状がどのように現れるのかは人によって違います。赤ちゃんの元気さとつわりの強さには関連はありません。

個人差が大きい

つわりによる吐き気や胸のムカムカなど、分かりやすい形で妊娠初期の症状が現れることもあれば、特に目立った症状に気づかず妊娠初期を過ごす人もいます。症状の種類はいろいろあり、程度にも個人差があるので、何も目立った症状がないからと言って不安になることはありません。

気にしすぎ、心配しすぎる必要はない

妊娠初期によく見られる症状が出なくても、健診の結果で問題がなければ心配は無用です。逆に、初期症状がないことを気にしたり、心配しすぎないようにしましょう。

まとめ

待望の妊娠が分かったあとでも、妊娠初期はおなかのふくらみも目立たず、赤ちゃんの胎動も感じられないため、赤ちゃんが元気でいるのか、心配になる人も多いのでは。つわりをはじめ、妊娠初期によく見られる症状がないと余計に不安になると思いますが、これらは個人差が大きいもの。つわりがなかった、という人も実際にいるので、症状がないからと言って心配する必要はありません。出血や腹痛など気になる症状がある場合は、医療機関を受診して相談しましょう。

(文:剣崎友里恵/監修:太田寛先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会編: 産科婦人科用語集・用語解説集 改訂第4版, p263, 2018
[*2]医療情報科学研究所/編・2014年・『病気がみえるvol.10 産科 第3版』・メディックメディア・P82
[*3]日本産科婦人科学会監修 お医者さんがつくった妊娠・出産の本Baby+

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】妊娠初期の腰痛はなぜ起こる? その特徴と対処法

【医師監修】妊娠初期の腰痛はなぜ起こる? その特徴と対処法

妊娠中に腰痛で悩まされる妊婦さんは少なくありません。妊娠後期の腰痛はよくあることですが、実はまだお腹が目立たない妊娠初期のうちから腰痛になることもあります。妊娠初期の腰痛の特徴や、腰痛になったらどうすればいいかお伝えします。


【医師監修】稽留流産では胸の張りが消える? その他の症状と原因・診断・治療法

【医師監修】稽留流産では胸の張りが消える? その他の症状と原因・診断・治療法

特に症状もないままに起こる「稽留流産」。赤ちゃんの誕生を心待ちにしている妊婦さんにとって、突然、流産がわかるのはとてもつらいことでしょう。今回は、流産の中でも初期に起こりやすい「稽留流産」について、原因や治療法などをまとめました。


【医師監修】妊娠初期症状<みんなの体験談>起こる時期・生理前との違いは?

【医師監修】妊娠初期症状<みんなの体験談>起こる時期・生理前との違いは?

妊娠初期には「どんな症状が」「いつごろから」起こるのでしょうか。ママ381人に、妊娠初期症状について聞いたアンケート結果を紹介します。妊娠により起こる体調の変化はさまざまで、症状や程度は個人差が大きいですが、妊娠初期に起こる可能性があるものとして参考にしてみてくださいね。


だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

第一子を妊娠中のタレント・だいたひかるさんが、自身のブログでお腹の赤ちゃんのエコー写真を公開。赤ちゃんの性別が女の子っぽいと指摘されていることや、エコー写真を巡って「夫と口論」になったことなども明かしています。


【医師監修】妊婦さん必読! 妊娠中に美容院を利用する際の疑問を解消

【医師監修】妊婦さん必読! 妊娠中に美容院を利用する際の疑問を解消

妊娠前は気兼ねなく美容院に行っていた人でも、妊婦になると、美容院の選び方や産前に行くタイミング、カラーやパーマ剤の影響などが気になってきますよね。妊娠中に美容院を利用する際の疑問をまとめて解消しておきましょう。


最新の投稿


【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

「料理は主婦の仕事」という考え方は既に古く、今は夫婦で協力して家事や育児をこなす時代です。しかし、各家庭の実態はどうでしょうか? まだまだ料理はママ任せという家庭が多いのでは? そこで、夫が家で料理をする頻度についてアンケートをとってみました。パパの手料理にまつわるエピソードと一緒にお楽しみください。


【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

Instagramで子育て漫画を発信されるまむさん。まむさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

蜂蜜(はちみつ)はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

夫婦共働きのご家庭では、戸籍上の名字と仕事用に使う名字が異なっている人も多いでしょう。いま話題の夫婦別姓について、ママたちはどのような意見を持っているのか、アンケートを実施しました。賛成派も反対派も、まずは対話から! お互いの意見を聞いてみましょう。