【医師監修】妊娠初期症状がないけど大丈夫? 原因と赤ちゃんへの影響について

【医師監修】妊娠初期症状がないけど大丈夫? 原因と赤ちゃんへの影響について

妊娠したらつわりで吐いてしまう……。ドラマなどでよく見かけるこの光景。ところが実際には妊娠初期症状はさまざまで、中には全くつわりを経験しない人も。今回は、妊娠初期症状とは、また感じないケースもあるのか、などについてまとめました。


妊娠初期症状で有名な「つわり」。でも、ない人もいる

妊娠初期に多くの妊婦さんが経験する「つわり」。そのため妊娠の典型的な初期症状として広く知られていますが、全ての人が経験することでもないようです。

そもそも、つわりとは?

つわりと言えば「気持ち悪くてムカムカする」、「吐いてしまう」、「食欲がない……」というイメージを持つ人が多いと思います。医学的につわりを説明すると「妊娠初期にみられる悪心(おしん。むかむかすること)・嘔吐(おうと)を中心とした消化器症状」[*1]のこと。症状は妊娠5~6週から現れることが多いのですが、多くは一過性で、妊娠12~16週ごろにかけて消えていきます。

つわりは50~80%の妊婦が経験し、初産婦に多いと言われています[*2]。気分や食べ物の好みの変化、唾液が増える、といったこともつわりの一種で起こるものと考えられています。

【助産師解説】これってつわり?つわり症状ってどんな感じ?<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1797

つわりのイメージは吐き気や嘔吐ですが、実はその症状には幅があるようです。今回は、実際につわりを体験されたママたちに、つわりの症状についてお伝えしたいと思います。つわりって、吐き気だけじゃないんです!!

【医師監修】つわりの時期はいつから? つらいピーク時期の対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3505

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。

ほかに表れやすい妊娠の初期症状とは

つわり以外でも、妊娠初期に体の変化を感じることがあります。どのような症状を感じやすいのか見ていきましょう。

体温が高い、熱っぽい

風邪のような症状(頭痛・関節痛)や、体が熱っぽく感じられることも妊娠初期にはよく見られます。

眠くてだるい

妊娠初期は、眠気やだるさが強まる人も多い傾向にあります。中には、空腹時に強く感じるつわりが原因で夜中に気持ち悪さを感じ、寝不足になる人もいるようです。

トイレが近い

妊娠するとだんだん子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、頻尿になることもあります。

下腹部が痛い

妊娠初期には子宮へ流れる血液の量が増えて筋肉が伸び、子宮を支えるじん帯や広間膜(子宮の後ろ側にある膜) が引っ張られやすくなります。このときに生理痛のような張りや痛みを感じることも。多くは生理的な痛みですが、眠れないくらいひどい腹痛があったり、100mlを越えるような多量の出血を伴ったりするときは医療機関を受診しましょう。

便秘になりやすい

妊娠してから便秘になりやすくなる人もいます。「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが増加し胃腸の動きが悪くなる影響、大きくなった子宮による圧迫などから、食べ物が胃腸に留まる時間が長くなることが要因と考えられています。

全身がかゆい

妊娠して基礎代謝が上がることで汗をかきやすくなったり、ホルモンバランスの影響で皮膚が敏感になったりする人もいます。

胸の張りや痛み、かゆみなど

ホルモンの影響で乳腺が発達し始め、乳房に張りや痛みを感じる人もいます。中には乳首と下着がこすれるだけでも痛いほど、敏感になることもあるようです。また乳輪や乳首、胸全体が大きくなったり、胸や乳首にかゆみを覚えたりすることも。

おりものの変化

ホルモンの影響で、妊娠中はおりものの量が増える傾向にあります。

妊娠初期症状が現れる原因

ここまで見てきたように、妊娠初期に見られる体の変化はさまざまです。しかしつわりなどの妊娠初期症状がなぜ起きるのか、はっきりとした理由はまだよく分かっていません。

妊娠の維持に必要なホルモン「ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン(hCG)」の分泌量は、妊娠8~10週ごろにピークを迎えるとされており、このホルモンの増加がつわり症状に関係しているのではないかと言われています。ほかにもこのころ低下する甲状腺刺激ホルモンの影響や、妊娠したことによる体や環境の変化・ストレスに妊婦さんがまだうまく適応できないことが影響していると考えられています。

妊娠初期症状は人によって違う

妊娠初期は流産しやすい不安定な時期で、つわりなどの初期症状があまり感じられないと赤ちゃんは元気なのか、心配になる人もいるかもしれません。しかし、妊娠の初期症状がどのように現れるのかは人によって違います。赤ちゃんの元気さとつわりの強さには関連はありません。

個人差が大きい

つわりによる吐き気や胸のムカムカなど、分かりやすい形で妊娠初期の症状が現れることもあれば、特に目立った症状に気づかず妊娠初期を過ごす人もいます。症状の種類はいろいろあり、程度にも個人差があるので、何も目立った症状がないからと言って不安になることはありません。

気にしすぎ、心配しすぎる必要はない

妊娠初期によく見られる症状が出なくても、健診の結果で問題がなければ心配は無用です。逆に、初期症状がないことを気にしたり、心配しすぎないようにしましょう。

まとめ

待望の妊娠が分かったあとでも、妊娠初期はおなかのふくらみも目立たず、赤ちゃんの胎動も感じられないため、赤ちゃんが元気でいるのか、心配になる人も多いのでは。つわりをはじめ、妊娠初期によく見られる症状がないと余計に不安になると思いますが、これらは個人差が大きいもの。つわりがなかった、という人も実際にいるので、症状がないからと言って心配する必要はありません。出血や腹痛など気になる症状がある場合は、医療機関を受診して相談しましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科医 太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

(文:剣崎友里恵/監修:太田寛先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会編: 産科婦人科用語集・用語解説集 改訂第4版, p263, 2018
[*2]医療情報科学研究所/編・2014年・『病気がみえるvol.10 産科 第3版』・メディックメディア・P82
[*3]日本産科婦人科学会監修 お医者さんがつくった妊娠・出産の本Baby+

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃんの満腹中枢はいつから発達する?母乳・ミルクの飲みすぎは大丈夫?

【医師監修】赤ちゃんの満腹中枢はいつから発達する?母乳・ミルクの飲みすぎは大丈夫?

赤ちゃんが母乳やミルクをごくごく飲んでくれるのは嬉しいことですが、満腹中枢が未熟なために飲みすぎてしまうのでは? と気にするママ・パパもいるようです。今回は、赤ちゃんの満腹中枢の発達と、飲みすぎかどうかの目安や対応についてご紹介します。


【医師監修】後産とは?胎盤が出ない原因や痛みについても解説

【医師監修】後産とは?胎盤が出ない原因や痛みについても解説

出産は赤ちゃんが生まれて終わりではありません。まだ後産があります。後産で胎盤がきちんと排出されないと、原因によっては命に関わることもあります。この後産について、しくみや胎盤が出ない原因、処置について説明します。


【医師監修】産後は熱が出やすいってホント?発熱を引き起こす主な原因と受診の目安

【医師監修】産後は熱が出やすいってホント?発熱を引き起こす主な原因と受診の目安

出産や育児の疲れから、トラブルが起こりやすい産後のママの体。発熱もその一つに挙げられます。産後の発熱は出産にかかわる病気が原因で、早めの対応が必要な場合も多いです。そこで今回は、産後の発熱の原因と受診の目安などについてまとめました。


【医師監修】産後にお腹の皮がしわしわに!気になるたるみを引き締める4つの方法

【医師監修】産後にお腹の皮がしわしわに!気になるたるみを引き締める4つの方法

出産が終わってお腹が戻ると思っていたら、皮がしわしわに! 産後のお腹のたるみは誰でも起こることです。ある程度は自然に戻りますが、できるだけ早く何とかしたいもの。そんなお腹のたるみを引き締めるためにできることを紹介します。


【医師監修】産後ダイエットはいつから始めるべき?どんな運動をしたらいい?

【医師監修】産後ダイエットはいつから始めるべき?どんな運動をしたらいい?

妊娠・出産で増えた体重や変化した体型を早く戻したいと思ったとき、まず頭に思い浮かぶのがダイエットでしょう。ですが、産後すぐは本格的なダイエットはおすすめできません。この記事では産後の運動や気をつけるべきことを中心に、産後ダイエットをいつからどのように始めるといいのか紹介します。


最新の投稿


OWNDAYSが「男性育休取得の後ろめたさを0%に」積極的な取り組みを発表

OWNDAYSが「男性育休取得の後ろめたさを0%に」積極的な取り組みを発表

メガネ・サングラスの製造販売を手掛けるOWNDAYS(オンデーズ)では、2021年6月3日の衆院本会議で成立した改正育児・介護休業法を受けて、男性の育休取得を推進すると発表しました。


パパもママも忙しい日の子どもの食事に。the kindestから丼もの2種新登場

パパもママも忙しい日の子どもの食事に。the kindestから丼もの2種新登場

MiLはこのほど、「the kindest(カインデスト)」のキッズフードシリーズから、国産野菜ときのこを使った幼児向けの牛丼と中華丼の販売を開始します。


「1年に2回出産」妊娠中の光上せあらさん、娘の強烈な風邪が「しっかりうつる」

「1年に2回出産」妊娠中の光上せあらさん、娘の強烈な風邪が「しっかりうつる」

元アイドルで実業家の光上せあらさんが、生後9ヶ月の長女からうつった風邪で寝込んでいることをブログで明かしています。光上さんは現在、妊娠7ヶ月です。


【全ママがこう思ってるはず】神よ、罪深き我が子を赦したまえ

【全ママがこう思ってるはず】神よ、罪深き我が子を赦したまえ

Instagramで子育て漫画を発信されるジェーコさん。ジェーコさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食の豆腐ハンバーグの簡単で失敗しづらい人気レシピ!量や保存方法、食べさせる際の注意点も!【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐ハンバーグの簡単で失敗しづらい人気レシピ!量や保存方法、食べさせる際の注意点も!【管理栄養士監修】

豆腐ハンバーグは手づかみ食べの練習にもなるため離乳期はおすすめの料理です。今回は豆腐ハンバーグの失敗しづらいレシピや豆腐の水切り方法をご紹介します。赤ちゃんも大好きなハンバーグを日々の食事に取り入れてみましょう。