【医師監修】妊娠8週の胎児の大きさは?体調の変化と必要な準備

【医師監修】妊娠8週の胎児の大きさは?体調の変化と必要な準備

妊娠8週は、妊娠3ヶ月の1週目にあたります。ママは、つわりの症状がピークになる人が増えてくるころで、赤ちゃんは、体の中で大切な器官が形作られている最中です。ママは心身ともに不安定になりがちな時期ですが、妊娠初期のこのころに安心して過ごすためのポイントを紹介します。


妊娠8週ってどんな時期?

胎芽から胎児になる時期

妊娠8週は、それまで少し魚のようにも見える「胎芽」と呼ばれる状態だった赤ちゃんが、より人間らしい姿に成長し「胎児」と呼ばれるようになる時期です。

また妊娠4~10週ごろまでは赤ちゃんの体の中で神経系、循環器系、消化器系、呼吸器系などの基本的な臓器ができていく大切な時期とされており、「器官形成期」と呼ばれています(器官形成期の時期は明確に定義されておらず、また薬剤や放射線など、赤ちゃんに影響を及ぼす要因によっても変わってきます)。

妊娠8週で体に起きる変化は?

赤ちゃんがどんどんヒトらしい姿になってくるのと同時に、ママの体にも徐々に変化が現れてくるようになります。

赤ちゃんの変化

頭部と胴、四肢が分かるようになり、目や耳もできてきます。手には、指を示す刻みがみられ始めますが、まだ完全に分かれているわけではなく水かきのような状態です。主要な臓器はだいぶできあがってきますが、あごや生殖器などの形成はこれからです。鼻の部分が盛り上がってきますが、鼻の穴はまだふさがっています。

ママの変化

妊娠5~6週から始まることの多いつわりですが、このころくらいからピークを迎えます。つわりは妊婦さんの50~80%[*1]が経験すると言われています。吐き気や嘔吐(おうと)、食欲不振でつらい思いをする人は多いのですが、個人差があり、その程度や症状は人それぞれです。

つわりの原因はまだ解明されていませんが、hCG(絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌量が多くなる時期と、妊娠悪阻(つわりの重症化したもの)を発症する時期が一致していたり、hCGの分泌が過剰な状態では妊娠悪阻の症状が強くなることから、hCGが妊娠悪阻を誘発するのではと言われています。。なお、妊娠8~10週はhCGが最も多く分泌される時期で、その後20週ごろまでに減少していきます。

つわりは妊娠12~16週に自然におさまることが多いので、あまり気にしすぎずに、つらいときは食べたいときに食べられる量をとるようにするといいでしょう。

妊娠悪阻に注意

1日に何度も嘔吐を繰り返したり、食事がとれなくなったりして、それまでの体重の5%以上[*2]が減少してしまうような「妊娠悪阻」と診断された場合は、入院のうえ点滴などの治療が行われます。妊娠悪阻の頻度は全妊婦の0.5~2.0%[*3]で、特に初産婦に多いことが知られています。ただし、重症化するのは経産婦(出産経験のある妊婦さん)とされています。

妊娠悪阻は、ビタミンB1の欠乏によって起こるウェルニッケ脳症を引き起こすことがあります。意識障害や運動障害(歩けなくなる)、眼球障害(寄り目になる)などを起こし、ひどい場合は記憶障害を起こします。そのため、妊娠悪阻で点滴治療が行われる際は、ビタミンB1も補給されます。

妊娠8週に必要な準備

妊娠がわかったら、必要な手続きや検査を受けましょう。また時期も逃さないようにしてください。

妊娠届の提出、母子手帳の取得

妊娠5~6週で赤ちゃんの心臓が動いていることが確認できたら、医師から分娩予定日や妊娠週数が伝えられます。この時点での妊娠週数は最終月経が始まった日からを妊娠0週として数えますが、排卵が想定された時期とずれてしまっていたりすると、実際の妊娠週数とずれる場合があります。

そこで、妊娠8~10週のころに、赤ちゃんの頭殿長(頭からおしりまでの長さ)や児頭大横径(胎児の頭で一番幅広い箇所の直径)を超音波検査で測定し、そこからより正確な分娩予定日や妊娠週数に修正することがあります。この時期の赤ちゃんは発育の個人差が少ないため、妊娠週数ごとの基準値と実際の測定結果と照らし合わせることで、妊娠週数を知ることができます。

母子手帳は、医療機関で妊娠が確定されたらできるだけ早く、地域の保健センターや市区町村の役所に出向いて妊娠届を提出し、交付してもらいます。その時期は、赤ちゃんの心拍確認直後の妊娠5~6週のこともあれば、それより遅くなることもありますが、だいたい妊娠10週くらいまでのことが多いようです。

自治体によっては、母子手帳とともに健診が無料になったり補助を受けられる券がもらえたり、さまざまな母子保健サービスの案内を受け取れたりもしますので、医師から指示があったら、早めに届を提出して交付してもらいましょう。

妊婦健診でわかること

最初に産科を受診する、だいたい妊娠5~11週までの間には、およそ3回程度の健診を受けることになります。このころには血液検査、感染症の検査、経腟超音波検査、子宮頸がん検診などが行われます。

その後、母子手帳の交付後からは、いよいよ出産までに全14回程度受けることになる妊婦健診が始まります。妊婦健診の内容は妊娠週数によって少しづつ変わってきますが、毎回行うことは、血圧、尿検査、体重などによるママの健康状態の把握と、お腹の上からの超音波検査による、心拍など、赤ちゃんの状態の確認です。

もともと健康な人であっても、妊娠中に思わぬ病気にかかることもあります。何か異常がある場合は、お腹の赤ちゃんのためにもできるだけ早期に発見してもらい、治療を受けることが大切です。また、できるだけ安全なお産を目指すためにも妊娠中の経過を把握しておくことはとても大切です。妊婦健診はかならず定期的に受けるようにしましょう

妊娠8週目に気をつけたいこと

妊娠初期(妊娠15週まで)のちょう中盤の時期である妊娠8週は、ママの心と体の両方が不安定になりがちです。この時期とくに気をつけてほしいことについて説明します。

薬の使用について

妊娠8週以降~12週末までは、赤ちゃんの体では大きな器官の形成はほぼ終わっていますが、それまでに比べて限定的な範囲での先天異常を起こす可能性のある薬が、ごくわずかですが存在します。この時期の赤ちゃんに影響を及ぼす薬はあまり多くはありませんが、もし心配なことがあったら、かかりつけ医師に相談してみましょう。

(外部リンク)妊娠と薬情報センター | 国立成育医療研究センター

https://www.ncchd.go.jp/kusuri/

妊娠中の薬剤使用に不安を持つ女性への安全情報の提供や、集積した相談者の服薬データと妊娠転帰データからのエビデンスの創出を目的に、2005年に「妊娠と薬情報センター」を開設しました。当センターの作成した回答書をもとに、主治医や拠点病院に設置された「妊娠と薬外来」で情報提供を行っており、相談数は年間約2000例で年々増加しています。さらに、欧米のネットワークにも参加し、情報交換や共同研究を行っています。

こちらでも、専門の医師・薬剤師に相談することができます。

つわりのつらくなってくるこの時期は食べられるものを口にすればOK

つわりにより食事ができなかったり、嘔吐したりすると、水分が補給されず脱水が心配です。症状がきついときは、まずは水分だけでもこまめにとるように心がけてください。

なお、この時期は、赤ちゃんのための栄養は「葉酸」以外は強く意識しなくても大丈夫。通常の食事が食べられないときは、ジュースやゼリー、スープなど口にできるものを食べたいときに食べてください。。体重がどんどん減ってしまったり、何も口に入れられないときや、すべて吐いてしまうようなときはかかりつけ医師に相談しましょう。

まとめ

Getty logo

赤ちゃんが「胎児」になり、いよいよ大きく育っていく時期。ママとしては、つわりなどで心身ともに大変であることが多い時期ですが、不安などがあれば小さなことでも、病院、役所、保健所等に相談してみてください。この時期は、ママが安心して過ごしていくことが大事です。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:石井悦子/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会:産婦人科研修の必修知識2016-2018, p134, 2016.
[*2]病気が見えるvol.10産科, p84, メディックメディア, 2017.
[*3]公益社団法人日本産科婦人科学会, 産科診療ガイドライン2017, CQ201妊娠悪阻の治療は?

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。