お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

20種類ものクラフトビールを飲み比べ! 週末は「クラフトビール ジャパンホップフェスト 2023」メインイベントに行こう

#トレンドニュース

michika

夏も終わり、風が涼しく感じるこの頃。一気に過ごしやすくなったことで、「今週末はどこに行こうかな?」と、積極的にお出かけ計画をし始める人も多いのではないでしょうか。それに、なんだか秋ってエモいし、風を感じながら外でお酒でも飲みたいな……って気分にもなっちゃいますよね(?)。

秋はオクトーバーフェストを始め、お酒の中でも“ビール”のイベントがたくさん! 今回は、今の季節だからこそおすすめしたい、「クラフトビール ジャパンホップフェスト 2023」メインイベントの魅力をたっぷりご紹介します。ビール好きだけでなく、ビール初心者も楽しめるポイントが詰まっていますので、ぜひチェックしてください!

「日本産ホップの魅力を知ってほしい」という想いから生まれたイベント

スプリングバレーブルワリー株式会社は、日本産ホップを使ったクラフトビールや今年収穫したフレッシュホップを使ったクラフトビールが楽しめるフェス「クラフトビール ジャパンホップフェスト 2023」メインイベントを2023年10月21日(土)・22日(日)の2日間で開催します。

提供画像

本フェス開催のきっかけは「日本産ホップの魅力を知ってほしい」という想いでした。日本国内のクラフトブルワリーの数は5年前と比べて約2倍以上に増え、ビールのもととなる「ホップ」への関心が高まる中、海外産ホップには無い特徴を持つ日本産ホップが注目され、全国のクラフトビールの醸造に採用されるようになったのだそう。

そこで、もっと身近に日本産ホップのクラフトビールを感じられるように、と今回の開催に至ったわけです。

また、本イベント期間に合わせて、2023年10月2日(月)発売の「SPRING VALLEY JAPAN ALE<香>」と、相性ぴったりの料理のペアリング体験ができる「ジャパンホップガーデン」も2023年10月2日(月)~11月30日(木)の期間で開催。

SPRING VALLEY JAPAN ALE<香>(提供画像)

日本産ホップ育成に取り組んできたキリンビールだからこそ伝えられる日本産ホップの魅力を思う存分感じられる、そんな機会はなかなか無いかも。家でのビール飲み比べも楽しいけれど、ビールと真正面から向き合い、味わうなら本フェス一択です!

“20種類”のクラフトビールを飲み比べ

本フェスの魅力は、なんといっても20種類のクラフトビールを飲み比べできる点。「Spring Valley Brewery」はもちろんのこと、「よなよなエール」や「水曜日のネコ」でおなじみの「ヤッホーブルーイング」や、「湘南ビール」「那須高原ビール」など、幅広い地域のブルワリーが参加予定です。

今回私が参加した「クラフトビール ジャパンホップフェスト 2023」説明会では、本フェスで楽しめるもののうち、5種類のクラフトビールを試飲することができました。

なかでも、クラフトビール初心者におすすめしたいのは「IBUKI」。口当たりはまろやかながらも、みずみずしい爽やかな飲み心地が印象的でした。

苦味も抑えめなので、クラフトビールはちょっと重い……というイメージがある人でも楽しめるはずです。

IBUKI。透き通った黄金色が美しい……!

一方で、クラフトビール上級者やビール好きにおすすめしたいのは、OH!LA!HO BEER(オラホビール)が造る「フレッシュホップ・インベーダー」。

フレッシュホップ・インベーダー

柑橘のようなフレッシュさを感じられながらも、クラフトビールらしい飲みごたえをしっかりと楽しめる一杯。飲んだ後の香りが持続するので、余韻も楽しみたい! という人におすすめです。

クラフトビールと相性ぴったりのフードも楽しめる

本フェスは、クラフトビールと相性ぴったりのフードが楽しめるのも魅力。「ビールといえば肉!」という人にぴったりのローストビーフや、ゆっくりと嗜みたい人におすすめの「ムール貝のビール蒸し」など、さまざまな料理が提供されます。

今回の説明会に登壇された、スプリングバレーブルワリー株式会社・ヘッドブリュワーの辻 峻太郎さんいわく、お寿司などのごはんに合わせるならさっぱりとしたライト系、お肉料理なら濃い味わいのビールがおすすめとのこと。

単品でも楽しめるけれど、料理と合わせることでまた違う味わいに変化するのもお酒の醍醐味。本フェスに行った際は、ぜひ料理とのマリアージュも楽しんでくださいね!

ビールごとの個性を楽しめる本イベントは21日・22日だけ!

本フェスでは、2階席を確保できるチケットを購入すると、ブルワリー担当者との交流も楽しめるとのこと。クラフトビールはブルワリーによってこだわりも味わいも違うから、醸造の裏側を聞いてみるのも楽しそう……!

「クラフトビール ジャパンホップフェスト 2023」は11月30日まで開催されていますが、東京でのメインイベントは10月21日・22日の2日間だけ。日本産ホップやフレッシュホップを使ったクラフトビールを思う存分堪能しに、ぜひ今週末は代官山へ!

詳しくはこちら
https://japanhop.jp/eventlist/craftbeer-japanhop-fest-2023/

(取材・文:michika)

※この記事は2023年10月17日に公開されたものです

michika

27歳、フリーライター。ファッション誌の編集やweb制作を経て、現在はライフスタイルや恋愛、ビューティなど女性向けの記事をメインに活動しています。激辛ラーメンとえびがだいすき。最近ホットヨガはじめました。

 

Instagram:@michikamori
Twitter:@negitoroebikura

この著者の記事一覧 

SHARE