お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年収の条件は男女で異なる結果に。マッチングアプリで相手に望む「年収額」が明らかに

#トレンドニュース

フォルサ

恋愛・婚活メディア「出会いコンパス」にて、 2023年9月25日から9月28日の期間、 マッチングアプリの利用経験がある20~40代の男女709人を対象に、年収に関するアンケート調査が実施され、その結果が発表されました。

女性の半数以上が自分より高い年収の相手を希望

まず、マッチングアプリにおいて年収を条件設定をしたことがあるかを尋ねたところ、57.0%が「ある」と回答しました。男女別で比較してみると、年収を検索条件に設定した割合は男性が59.9%、女性が53.8%と、男性の方がやや高い結果となりました。

設定した年収の金額を男女別に集計した結果、最も回答数が多かったのは男女ともに「400~500万円」でした。一方で、「700万円以上」を条件にした割合は男性が7.3%に対し、女性は15.7%とほぼ2倍となり、女性の方が高収入の相手を探す傾向にある事も分かりました。

年収を設定した際の考えを聞いたところ、全体では「自分の年収と同等」(46.6%)が最多となりました。男女別での「自分の年収と同等」の回答率は、男性は56.3%、女性は34.1%となっています。自分より高い年収を相手に望む割合は、男性では8.0%、女性では51.7%でした。

マッチングアプリで希望年収よりも低い相手と交際した経験を尋ねたところ、「ある」が38.8%、「ない」が50.4%でした。

希望年収よりも低い相手から「いいね」やメッセージなどのアプローチをされた場合にどうするかと聞いてみると、25.5%が「返信しない」、27.9%が「他条件を確認する」と回答しました。

男女別での「返信しない」「他条件を確認する」の割合は、女性の方が男性よりも高い傾向。女性の方が相手の年収を重要視している傾向が強い事が伺える結果となりました。

次に、年収以外の部分を見てから判断すると回答した271人に、確認したい条件を尋ねてみました。その結果、上位には「容姿・スタイル」(203人)、「年齢」(199人)、3位「居住地」(158人)が挙がりました。そのほか、「子供の有無」「趣味」「喫煙の有無」が回答者の半数以上に選ばれています。

男性に多かった回答は、「容姿・スタイル」「趣味」「居住地」、女性に多かったのは「職業」「結婚歴」「子供の有無」でした。

これからマッチングアプリを始めてみたいと考えている方、恋愛・婚活に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

調査概要

調査対象:全国の20代~40代の男女711人
調査機関:ジャストシステム
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年9月25日~2023年9月28日
有効回答数:709人(男性:369人、女性:342人/20~29歳:276人、30~39歳:274人、40~49歳:161人)

(フォルサ)

※この記事は2023年10月04日に公開されたものです

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE

投稿は利用規約に遵守の上お願いします。