お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

さりげない気遣いに惚れる。気遣いができる人の特徴と具体例

朝谷のも

さり気ない気遣いには、どんな共通ポイントがあるのでしょうか? また、気遣い上手な人の特徴とは? この記事では具体例を挙げながら、さりげない気遣いをするためのコツを紹介します。

日常の中でさりげない気遣いができる人は、男女問わず魅力的ですよね。

さり気ない気遣いができる人には、具体的にどんな特徴があるのでしょうか? この記事では、気遣い上手な人の特徴やさり気ない気遣いの具体例を紹介します。

さりげない気遣いができる人の特徴

さりげない気遣いができる人には、共通した特徴があります。自分に当てはまるものがあるかぜひチェックしてみてください。

(1)見返りを求めていない

さりげない気遣いができる人は、親切心の押し売りのような恩着せがましい行動を取ることがありません。

自分本位の優しさは、ただのおせっかいになることもあります。見返りを求めない行動こそ、さりげない気遣いといえるのかもしれません。

(2)相手の気持ちを尊重している

さりげない気遣いができる人は、相手の気持ちを尊重できるのも特徴です。相手の心理を観察し何を求めているか察知できるため、喜ばれることをさりげなくできるのでしょう。

時には、相手をそっとしてあげることもさりげない気遣いの1つ。相手を尊重しているからこそ、状況に応じた行動ができるのです。

(3)周囲の変化に敏感

さりげない気遣いができる人は、常に周りの変化を敏感に察知し、空気を読むのが得意でしょう。

いつもアンテナを張っているので、他の人が気づかないような些細なことまで分かるのです。

(4)誰に対しても平等に接する

さりげない気遣いができる人は、誰に対しても平等に接することができます。

相手を見比べて損得勘定で動くことはしないため、視野を広く保つことができるのかもしれません。

(5)落ち着きがあって余裕がある

気遣いのできる人は心に余裕があり、落ち着きのある行動をしているのも特徴です。

自分自身に余裕がないと、なかなか周囲の様子にまで目を向けることはできないもの。

常に冷静で周りが見えているからこそ、さりげない気遣いができるのでしょう。

さりげない気遣いの具体例

さりげない気遣いとは、具体的にどんなことなのでしょうか? ここでは、具体例を見ていきましょう。

(1)相談された時は聞き役に徹する

悩みを打ち明けられたり相談事をされたりした時、最後まで聞き役に徹することはさり気ない気遣いの1つといえるでしょう。

ここで大切なのは、相手の気持ちに寄り添って共感すること。

相手からアドバイスを求められた時には意見することもありますが、自分から何かを指摘することは喜ばれない場合もあるのです。

(2)会話に入れていない人への配慮

複数人で会話をしている際、話に入りにくそうにしている人に話題を振るのも、さりげない気遣いの1つです。

自然な流れかつ笑顔で声を掛けられれば、声を掛けられた側は安心したり、うれしい気持ちになったりするでしょう。

ただし、人によっては注目されることが苦手なタイプもいるので、臨機応変に対応することが大切です。

(3)公共物を大切に使う

自分の身の回りだけでなく、公共物を大切に扱うのもさりげない気遣いの1つです。

例えば化粧室の水跳ねを拭いたり、落ちているゴミを拾ってゴミ箱に捨てたりなど。

誰かに気づかれなくても自然と利他的な行動を取れることこそ、さりげない気遣いといえるでしょう。

さりげない気遣いを心掛けてみよう!

さりげない気遣いができる人は、相手に好印象を与え、それが円滑なコミュニケーションの助けともなるでしょう。

普段から意識して周囲に目を向けることで、どんな行動をすれば喜ばれるかが見えてくるかもしれません。

今回紹介した具体例を参考にしつつ、ぜひさりげない気遣いを心掛けてみてはいかがでしょうか?

(朝谷のも)

※画像はイメージです

※この記事は2022年09月27日に公開されたものです

朝谷のも

1989年生まれ、福岡県在住のライター。恋愛を中心にさまざまなテーマで執筆しています。好きなものはお酒と食べ歩き、人と話すこと。ペンネームの由来は「朝や、酒でも飲もう」の略。

この著者の記事一覧 

SHARE