お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

表札の風水効果とは? 素材・色・デザインの選び方

ヤササキミカ

表札は家にとって名札のようなもの。風水においては、家の中に良い運気を取り込んだり、家庭運をアップさせたりする効果があるといわれています。今回は、表札の風水効果と、運気アップのための選び方をご紹介します。

表札は家の顔であり、その表札を飾る玄関は風水において気の出入り口となります。良い運気も、悪い運気も全て玄関から入ってくるとされているんです。

良い運気を呼び込むためには、家の顔となる「表札」にこだわるのがおすすめ。表札の素材や色によって、家に入ってくる運気を左右できると考えられています。

今回は、運気の上がる表札選びのポイントと注意点を風水の観点で解説していきます。表札を出していなくて気になっている人、どんな表札を選べば良いか分からない人は、ぜひ参考にしてみてください。

Check!
風水とは? 風水で開運を! 運気アップのポイントも紹介 #李家幽竹の風水ハック

表札の風水効果とは?

一戸建ての住宅では表札を飾っている人が多いですが、マンションや賃貸では表札がない人も珍しくありません。

まずは、なぜ玄関に表札を飾ることが風水において重要なのかを解説していきます。

人が住んでいる証明になる

表札は家にとって名札のようなもの。表札を飾っておくことで「この家には人が住んでいる」という目印になります。

風水において、気は人が住んでいるところに流れ込むと考えられています。逆に、人が住んでいないところには気が流れ込みにくくなるのです。表札で人が住んでいることを証明しておくことで、家の中にしっかりと気を取り込んでくれるでしょう。

良い気を呼び込む

表札は「火」のエネルギーを持っており、陽の気が強く、生命力や活気を家に取り込んでくれる風水効果が期待できます。

火のエネルギーには、邪悪なものや悪縁を燃やしてくれる力があるといわれています。表札を飾っておくことは、魔よけのような意味合いとしても重要と言えるでしょう。

家庭運をアップさせる

悪い気をブロックし、良い気を取り込んでくれる表札は、家庭運アップにも効果的と言えます。

家の中に良い気が入ってくることで、住んでいる人の運気が上がり、一緒に住む人同士の関係性も安定しやすくなるでしょう。家族の絆をさらに深めたい人は、ぜひ表札を取り入れてみてくださいね。

次ページ:風水的に良い表札の特徴

SHARE