お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリで同時進行ってアリ? 上手な進め方と本命の決め手を解説

夏目椿(夏椿)

マッチングアプリで同時進行する時の上手な進め方と注意点

マッチングアプリで同時進行しながらうまく活動するには、いくつかのポイントがあります。ここでは、同時進行する際の進め方と注意点を解説します。

(1)相手の名前や情報を間違えないようにする

同時に何人かとやりとりしているからといって、相手の名前や情報を間違えるのは失礼にあたります。名前を間違えられる、メッセージの内容が噛み合わないなどが続くと、相手は冷めてしまう可能性が高いのです。

相手の情報をまとめておく、メッセージを送る前にしっかり確認するなどを工夫して、失礼にならないように要注意。

相手の名前や情報が覚えられずに混乱するようなら、それ以上同時進行の人数は増やさないのが賢明です。

(2)スケジュールを管理しダブルブッキングを避ける

同時進行していると起こり得るのが、デートのダブルブッキングです。予定が被って焦らないように、スケジュールは正確に管理しましょう。

もし予定が被っても相手が再調整してくれればいいのですが、「もういいや」と冷めてしまう場合もあるでしょう。

(3)自分なりのルールを決める

複数人の人とだらだらやりとりを続けていると、誰が本命かを絞りづらくなる可能性があります。

そうならないように、「1カ月はマッチングアプリに集中する」「本命は3回目のデートまで絞る」など自分なりのルールを決めておくのがおすすめです。ルールを決めておくと、同時進行の状態に疲れにくくなります。

参考記事はこちら▼

マッチングアプリが疲れる原因の1つが、同時進行。対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

(4)同時進行していることを悟らせない

聞かれてもいないのに「他にも○人とやりとりしていて……」と話しても、相手は喜ばない可能性が高いです。

マッチングアプリでは同時進行で恋活・婚活をするのが暗黙の了解となっています。それでも、同時進行していることをあけっぴろげにしないのが誠実な対応です。

ただし、相手から「同時進行していますか?」「何人とやりとりしていますか?」と聞かれた場合は答えてもいいでしょう。その時は、「何人かとやりとりしていて、すてきな方を探しています」のようにぼやかすとよりスマートです。

(5)本命を決めたら同時進行をやめる

当然のことですが、本命の人が見つかったら同時進行をやめましょう。お付き合いにいたったのにマッチングアプリを退会せず、他の人とやりとりを続けるのは不誠実です。

ただしはっきりとしたお付き合いに発展するまでは、同時進行しながら存分に迷ってOK。本命候補の1人に集中すべきなのか、他の相手と比較したいのか、考えながら進めてみてくださいね。

次のページを読む

SHARE