お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見た目で決めない。2代目バチェロレッテ・尾﨑美紀が人生初の婚活で得たもの

#バチェロレッテ2考察

ミクニシオリ

7月7日(木)夜10時より配信開始される大人気婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。マイナビウーマンでは、今回も考察コラムを掲載することが決定しました! 今回は配信に先がけ、2代目バチェロレッテとなった尾﨑美紀さんにインタビュー。気になる恋愛観・結婚観について聞いてみました!

取材・文:ミクニシオリ
撮影:佐々木康太
編集:松岡紘子/マイナビウーマン編集部

ひとりの女性のパートナーの座を勝ち取るために、さまざまな男性たちが競い合う婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』(以下『バチェロレッテ』)。

2020年のシーズン1配信時、私も身の回りの女性も、配信期間中は『バチェロレッテ』の話題で持ちきりだった。男性たちの振る舞いや言動を見ながら「自分ならどうするだろう」と語り合っていると、いつの間にか自分も恋しているような気持ちに。そんな実感をくれるのが、『バチェラー・ジャパン』の“男女逆転版”、『バチェロレッテ』なのだ。

そして先日、待望のシーズン2の情報解禁があった。2代目バチェロレッテに選ばれたのは、あの有名なまつげ美容液「PHOEBE BEAUTY UP」などを展開するコスメブランドの経営者・尾﨑美紀さん(29/番組撮影時は28)だ。

最強の美女がぶち当たった恋愛の壁。旅のテーマは「鎧を脱ぐ」

学生起業を経て、自社のブランドはローンチから2年で年商15億を達成。SNSを普段からチェックする女性なら知らない人はいない、有名ブランドに成長させた。実は尾﨑さん、世界的経済誌「Forbes」でアジアを代表する“世界を変える30歳未満の30名”の実業家にも選出されている。それでいて、170cmの長身に、8等身はあろうかというスタイルの良さに、愛嬌深い顔立ち。非の打ち所のなさそうな彼女がなぜ、これまで結婚を選択せず、28歳の今、『バチェロレッテ』への参加を決意するに至ったのだろうか。

――今回、『バチェロレッテ』に参加された理由を教えてください。

これまでずっと、会社の成長のために自分の時間を全て使ってきたんです。初めは、会社やメンバーを置いて海外で旅をする時間がないかも、とも思いました。でも、ちょうどいろいろな仕事が落ち着いて、会社も頼れるメンバーが増えてきたタイミングだったので、「恋愛だけに没頭するとしたら今しかない」と思い、参加させていただくことにしたんです。

――これまでは、あまり恋愛に時間を割いてこなかったということでしょうか。

恋愛や結婚について真剣に考え始めたのは、ごく最近のことですね。これまでは仕事に没頭するあまり、恋愛で落ち込んだり傷ついたりして、仕事にも影響してしまうことが嫌だったんです。恋人がいる時も深い関係になることを避けてしまって、弱い部分は見せずに、いいところばかり見せていました。だからこそ、終わる時も自分の中ではすごくあっさりしていて。

――仕事やキャリアに全力を注いできた尾﨑さんが、今回恋愛や婚活に本気で向き合おうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか。

去年、経営してきた中で一番つらいことがあったんです。これまで、どんなつらい経験も、基本的には1人で乗り越えてきました。でも……この気持ちをシェアできて、理解してくれる人がいたら、今後の私の人生の中ですごく大きな支えになるだろうなと思ったんです。

――それで、結婚相手が欲しいと思い立ったと。でも、婚活のタイミングって意外と急に来るものですよね。尾﨑さんの人生における、タイミングだったのかもしれませんね。

そうかもしれません。仕事も落ち着いて時間もできて、自分に合うタイミングがきた、という感じでしたね。でも、本気で結婚相手を見つけるとなると、自分の全てを出せないといけないと思うんです。そうでないと、きっと今後何十年一緒にいることは難しいですよね。だから、今回の私のテーマは「鎧を脱ぐ」ことでした。

――では、真剣な恋愛という意味ではブランクがあるのでしょうか。社会人になってからの恋愛は、どんなものでしたか?

お相手には失礼な話だと思うのですが、付き合う前から「この人と結婚はないかも」と思いつつ恋愛がスタートすることもありました。付き合ってからも、ちょっとでも傷つくことがあるとすぐに心のシャッターをおろして、関係を終わらせてしまったり。相手と向き合うことを避けていたんですよね。

あとは、仕事で忙しい時にお相手から「美紀は俺がいなくても生きていけそうだし、幸せそうだよね」と言われてしまうこともありましたね。相手の寂しさに向き合っていなかった。そういう失敗や自分の弱点を踏まえてこそ、今回は本気の婚活チャレンジでした。

経営者ならではの、初対面での婚活コミュニケーションのコツ

――心を許して弱みを見せるということに抵抗があるのは、経営者ならではの悩みでもありそうですよね。

そうかもしれませんね。やっぱり、会社のみんなに頼りないところを見せたくなかったり、だめな部分を見せると、人がついてきてくれなくなってしまうのではないかという不安があったと思います。

――それでいうと今回、屈強そうな男性メンバーも多いですよね。職業も多種多様で、普段は出会えなそうな人も多そう。

すごく個性豊かですよね(笑)。初めて会うレッドカーペットの瞬間から、笑ってリラックスできるような場面もたくさんありました。

でも、日常の環境の中では出会えない人たちとの出会いは、すごくありがたかったです。これまでは仕事が忙しい分、積極的に出会いに行くというよりは、身近な人に紹介してもらうことの方が多かったんです。だからこそ自分も、仕事の合間でという意識が強まってしまうし、似たような失敗も多かった気がしていて。初対面のフラットな状態からの方が、自分の素を見せやすかったと思います。

――お話しているとフランクで話しやすい印象も受けますが、初対面の人と1から関係を作っていくのは得意な方ですか?

仕事柄、面接の機会も多いですし、取引先の方もはじめましての方が多いので、場数はこなしてきていると思います。

――ただ、『バチェロレッテ』では初対面の人が複数いらっしゃるのが、一つのキモですよね。複数の方から1人を選ぶことは一般の婚活でもあると思うのですが、『バチェロレッテ』は交流の時間も限られていますよね。コミュニケーションの中で、特に意識したことはありましたか?

これは仕事でも気をつけていることですが、まずは相手に信用してもらうために「相手へのリスペクト」「共感力のあるコミュニケーション」には気をつけていました。相手の話に対して、まずは自分が理解しようとする姿勢や、相手の言葉を自分も言語化してみるとか、共感とリスペクトを行動で表すようにしていました。

あとは、初対面だからこそ表情を豊かにすること。時間が限られているので、自分の気持ちを全力で表現するために、喜びも悲しみも、普段以上にボディランゲージでも伝えることは意識しましたね。

――初対面での出会いだからこそ、言葉より行動で信用が積み重なっていくものですよね。逆に尾﨑さん自身は、どのような基準でお相手を判断していましたか?

今までの恋愛では見た目を優先して失敗することもあったので、シンプルに内面に惹かれる部分があるか、素の私がリスペクトできる人かどうかを、職業や年齢などには左右されずに考えました。私の場合は、言動が一致しているかも、リスペクトの判断基準にしていましたね。自分の社会的立場を気にする必要がない場だからこそ、ひたすらに相手の内面を見続けました。

人生で初めて、真剣に婚活に向き合って分かったこと

――配信はこれからになりますが、旅を通して、ご自身の恋愛観や結婚観に変化はありましたか?

旅を始める前よりも、より自分が求める理想が明確になったと感じています。相手に幸せにしてもらうだけじゃなくて、自分も相手を幸せにしたいと思えるか、その上で自分らしくいられるかなどを、自分軸で考えられるようになった気がします。

――婚活に本気で向き合ってみて、初めて分かることも多かったのでしょうか。

たとえば、思った以上に自分が「男性がどのくらい自分を好きでいてくれるか」を見ていることに気づいたり、リスペクトはお互いに必要だということを知りました。自分だけが好きでも、相手だけがリスペクトしてくれていてもだめで。お互いに支え合うということの本質が見えた気がしています。

――尾﨑さんはやはり経営者としてビジネスをしっかりされてきただけあって、言語化がお上手ですね。……最後に、番組の見どころも教えてください。

今回私自身、ただの“1人の女性”として旅することができたと思っています。だから、視聴者のみなさんも等身大の目線で、自分ならどうするか、お友達と盛り上がって考えてもらえたらいいなと思っています。今回の旅では本当にいろんなことがありましたが、その中で私自身やりきったと思っています。恋愛に悩んでいる方が、少しでも前向きな気持ちになれたら、私も嬉しいです。

あと、美容関係で働く女性として、カクテルパーティーやデートで着ている服やメイク、髪型は、できる限り自分のこだわりを詰め込んだつもりです。シチュエーションに合うコーディネートを意識したので、そこも楽しんでもらえたら!

強く美しい女性経営者は、婚活にも全力を出したのだと思う。そのくらい、彼女の芯はブレず、くっきりとしているように見えた。明朗快活で、驚くほどの行動力にも定評があるという尾﨑さん。番組の中でどのように男性と恋をして、結婚相手を絞っていくのか……7月7日の配信が待ちきれない。

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2

配信開始日:2022年7月7日(木)夜10時より独占配信開始
話数:全10話
7月7日(木)夜10時 第1話-第3話
7月14日(木)夜10時 第4話-第6話
7月21日(木)夜10時 第7話-第8話
7月28日(木)夜10時 第9話-第10話

番組URL: https://www.amazon.co.jp/dp/B09PTTNKP9
予告編URL:https://youtu.be/MR7M4kS64-c

(C) 2022 Warner Bros. International Television Production Limited

※この記事は2022年07月01日に公開されたものです

ミクニシオリ

1992年生まれ。2017年にライター・編集として独立。芸能人やインフルエンサー、起業家など、主に女性に対するインタビューを多数執筆。恋バナと恋愛考察も得意ジャンル。ハッピーとラッキーがみんなに届きますように。

Twitter:https://twitter.com/oohrin

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#バチェロレッテ2考察」をもっと見る

MORE

SHARE