お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

関西弁がかわいい理由は? 特徴や具体的なセリフも紹介!

Tiffa

関西弁をかわいいと感じる人もいるでしょう。そこでこの記事では、関西弁の特徴やかわいいといわれる理由、関西弁のかわいいセリフを紹介します。

関西弁は、主に大阪や京都、奈良などの近畿地方で使われる方言です。独特のアクセントや言い回しがあり、それを「かわいい」と感じる人も多いでしょう。

この記事では、関西弁の特徴やかわいいといわれる理由、かわいい関西弁のセリフを紹介します。

関西弁の特徴は?

一口に関西弁といっても、いくつか種類があることを知っていますか?

関西弁と聞いて多くの人がイメージするであろう大阪弁や京都弁の他に、三重弁や奈良弁などもあり、それぞれ少しずつ違った特徴を持ちます。

ここでは一般的に「関西弁」といわれる方言の特徴を紹介します。

(1)関西弁ならではの言い回しがある

関西弁には、ほとんど関西でしか使われない独特な言い回しがあります。

例えば「アメちゃん」「おかゆさん」など、食べ物に「ちゃん」「さん」をつけることは有名ですよね。

他にも「片づける」を「なおす」と言ったり、「ものもらい」を「めばちこ」と言ったりするのも、関西弁ならではの表現です。

(2)助詞が抜ける

関西弁には、助詞が抜けるという特徴もあります。

例えば、標準語の「気が散る」では「が」が助詞です。

一方、関西弁では「が」がなくなる代わりに「気」の母音である「い」を伸ばし、「気い散る」と表現します。

(3)語尾が標準語と異なる

関西弁の特徴といえば、やはり語尾でしょう。

例えば、関東で「〜だよ」と言うところを、関西弁では「~ねん」と言うのは有名ですよね。

また、「~ない」は「~へん」となります。

(4)擬音語・擬態語が多め

関西弁をよく聞いていると、擬音語や擬態語を使う頻度が多いと感じるかもしれません。

例えば、「この道をドーンと真っすぐ行って」「このスプレーシュッてして」などが挙げられます。

次ページ:関西弁がかわいいといわれる理由

SHARE