お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ちょっとしたお礼の言葉を例文つきで紹介。伝える時のポイントも解説

にほんご倶楽部

ビジネスシーンでもプライベートでも、ちょっとしたお礼を伝えたい場面はありますよね。こんな時、どんな言葉を掛ければ良いのでしょうか? この記事では、上司や取引先、友達など関係性別に例文を紹介。また、伝える時のポイントも解説します。

仕事でもプライベートでも、誰かに親切にしてもらったらお礼を伝えたいと思いますよね。

その際、どのように感謝の気持ちを表現したら良いか分からず、悩むこともあるのではないしょうか。

そこでこの記事では、上司や取引先、友達などの関係性別に例文を紹介します。また、伝える時のポイントも解説するので参考にしてみてください。

ちょっとしたお礼の言葉【ビジネス・プライベートごとの例文】

それではさっそく、先輩・上司、取引先、友達に対するお礼の例文を紹介します。

職場の先輩や上司に対するお礼の言葉【例文】

先輩や上司には、仕事の相談に乗ってもらったりフォローしてもらったりと、助けてもらう機会が多いでしょう。

普段からしっかりお礼の気持ちを伝えれば、お互いの信頼関係はより強いものになるはずです。

以下を参考に、感謝の気持ちを伝えてみてください。

(1)仕事の相談に乗ってもらった時

仕事の相談に乗ってもらった時は、以下のような言葉でお礼をすると良いでしょう。

先日はお忙しいところ相談に乗っていただき、ありがとうございました。

○○さんからアドバイスをいただいたことで、これからの目標がはっきりしたように感じます。

いつも親身に対応していただき、本当に感謝しています。これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。

(2)仕事をフォローしてもらった時

部下の仕事をフォローすることは、上司の仕事でもあります。

しかし、「フォローしてもらって当然」と思わず、フォローを受けた際は必ずお礼の言葉を伝えましょう。そうすることで、あなたの誠実さが伝わるはずです。

先日は○○のプロジェクトで手助けをしていただき、ありがとうございました。おかげで無事に成功まで持っていくことができました。

正直、あの時は「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を感じていました。そのため、○○さんからフォローしていただけて、大変心強かったです。

早く○○さんをフォローできるように頑張りますので、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(3)先輩や上司が退職する時

先輩や上司が退職する場合、今までのお礼を込めてメッセージを伝えましょう。

先輩の場合

◯◯さん、◯年間本当にお世話になりました。一緒に働けたことを本当に嬉しく思っています。

〇〇さんの仕事に対する姿勢はいつも私の憧れでした。今後は◯◯さんのような、誰からも慕われる人間になれるよう精進いたします。

いつも優しく指導していただき、ありがとうございました。これからもどうかお体に気をつけてお過ごしください。

上司の場合

○○部長、△△年の勤務、本当にお疲れ様でした。
◯◯部長には公私共に大変お世話になりました。

部長の下で仕事ができたことを心より嬉しく思っております。

今後の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
忙しい日々を過ごされことと存じますが、くれぐれもご自愛ください。

次のページを読む

SHARE