お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

野心家の心理と特徴は? 野心家になるためのコツも紹介

aoi okamoto

「野心」とは、大きな望みなどを意味します。大志を抱き夢を追う野心家に憧れている人もいるかもしれません。本記事では、野心家の心理や特徴、野心家が気をつけたいポイントを紹介。併せて、野心家になるためのコツも解説します。

「野心家」と聞いて、大きな夢を追うエネルギッシュな様子を思い浮かべる人は少なくないでしょう。

では、野心のある人が高い目標に向かって努力できる背景には、どのような心理が働いているのでしょうか?

そこで今回は、野心家の心理や特徴、野心家が気をつけたいポイントを紹介します。併せて、野心家になるためのコツも解説しているので、参考にしてみてください。

そもそも「野心家」の意味とは?

そもそも「野心家」とはどのような人のことを指すのでしょうか。

まずは、「野心家」という言葉の意味をおさらいしましょう。理解を深めるために、「野心家」の類義語も紹介します。

「野心家」の意味は「大きな望みを持つ人」

「野心家」を辞書で調べると、以下のように記載されています。

やしん‐か【野心家】
野心をもって行動する人。「権力志向の強い―」

(『デジタル大辞泉』小学館)

ちなみに、「野心」には以下のような意味があります。

やしん【野心】
1 ひそかに抱く、大きな望み。また、身分不相応のよくない望み。野望。「政治家になりたいという野心に燃える」「政権奪取の野心をもつ」
2 新しいことに取り組もうとする気持ち。「野心作」
3 野生の動物が人に馴れずに歯向かうように、人に馴れ服さず害を及ぼそうとする心。「但し—改め難くして、情(こころ)に猶予を懐けり」〈三教指帰・下〉

(『デジタル大辞泉』小学館)

上記から分かるように、「野心」という言葉は「大きな望み」「新しいことに取り組もうとする気持ち」といったポジティブなニュアンスと、「身分不相応のよくない望み」というネガティブなニュアンスの両方を持ちます。

そのため、「野心家」は良い意味で「大きな望みを持ち、新しいことに挑戦しようとする人」を指す場合と、悪い意味で「身分に合わない望みを持っている人」を指す場合があるようです。

本記事では、主に前者の意味での「野心家」について解説していきます。

「野心家」の類義語は「積極的な人」など

「大きな望みを持ち、新しいことに挑戦しようとする人」という意味での「野心家」には、以下のような類義語があると考えられます。

・積極的な人

・行動力がある人

・エネルギッシュな人

次ページ:野心家の心理

SHARE