お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「断る」の敬語は? 目上の人に使える表現一覧

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

仕事やプライベートで何かを断る時、どんな表現で伝えたらいいのか悩んでしまいますよね。今回はライティングコーチの前田めぐるさんに、「断る」の敬語表現を教えてもらいました。

「断る」時の言葉やメールの返信文に頭を悩ませていませんか?

ビジネスでもプライベートでも、単純に「できません」と言えれば良いのですが、相手の気持ちや断った後の展開などを考えると、なんと言うべきか迷ってしまいますよね。

かといって、返事をせずそのまま引き伸ばすことは、かえって信頼を失うというもの。

今回は「断る」の敬語表現の他にも、コミュニケーションに響かない、無理のない断り方を考えてみましょう。

「断る」の意味は?

「断る」には、次のような意味があります。

ことわる【断る】
(1)他からの要求・依頼・提案などに応じられないことを告げる。
拒否する。拒絶する。辞退する。拒む。
(2)後で起こることが予想される不具合を解消するために、
そのことを前もって知らせておく。
(3)念のためにいう。
(4)雇用や取引の契約を打ち切る。解消する。
(『明鏡国語辞典 第三版』大修館書店)

「断る」には「相手からの要求や依頼などに応じられずに断る」「了承を得るためや、事を荒立てないために事前に伝える」「念のために言う」「打ち切る・解消する」という意味があります。

送り仮名は「断る」「断わる」のどちらを使う?

「断」は常用漢字で、読みについては「ダン・た(つ)・ことわ(る)」が常用漢字表にある読みです。

公文書やビジネスで使う場合の送り仮名は「断る」の方が無難です。

もちろん、一般には「断わる」も許容されており、使っていけないわけではありません。

次ページ:「断る」の敬語表現は? 目上の人に使える表現(例文つき)

SHARE