お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マニキュアに気泡が後から入る原因と気泡が入らない対策とは

BEAUTY MANIA

マニキュアを塗った後から気泡が出てきてしまった! そんな経験がある人も多いのでは? 気泡が入る原因や対処法、気泡を作らずに塗るコツを紹介します。

マニキュアを塗る中で「気泡が入ってしまった……」という失敗経験をしている方は多いのではないのでしょうか。

毎回気泡が入るという場合は、塗り方や準備など、どこか間違っているのかもしれません。

この記事では、気泡の原因と対処法、気泡を作らずに塗るコツを紹介していきます。

マニキュアに気泡が入る原因

丁寧にマニキュアを塗っているはずなのに、なぜ気泡が入ってしまうのでしょうか。

気泡が入ってしまう原因は、意外と普段気にかけていないところにあったりします。まずは、マニキュアに入る気泡の原因について説明していきます。

温度差

室温や湿度、体温の高い方なら指先の体温とマニキュアの温度差で気泡ができることがあります。

その場合は、マニキュアを塗る前に、指先を冷やすことで改善されます。

対策として一番簡単にできるのは、「凍ったペットボトルで指先を冷やしてからマニキュアを塗る」という方法。

なお、冷やした後は水分をしっかりと拭き取りましょう。

爪やマニキュアの刷毛の状態

爪の表面に縦線や凹凸がある場合、気泡の原因になってしまいます。また、刷毛に気泡ができている場合も原因に。

マニキュアを塗る前に、自分の爪や刷毛がどうなっているかの確認は必須です!

マニキュアを塗る前は、やすりで爪の表面をなめらかにしましょう。

それだけで爪の凹凸がなくなり、マニキュアを塗った時に気泡ができにくくなりますよ。

次ページ:できてしまった気泡にはどう対処するべき?

SHARE