お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白されて振った後の女性心理とは。振ったことを後悔する瞬間3つ

#Lily_magazin

告白されて振ったことを後悔する瞬間

「振ったからそれで終了」ということはなく、実は「何で振ってしまったんだろう」と後悔している女性も多いものです。

では女性は、どんな時に後悔を感じるのか紹介していきます。

(1)振った後も普通に接してくれた時

告白を断った後は、気まずい雰囲気になりやすいもの。ショックが大きい中で、普通に接してくれる態度にときめく女性は少なくありません。

あなたの優しい内面を知り、「この人と付き合ったら幸せになれたかも……」と思った時に、振ったことを後悔するのです。

(2)誰かにそばにいてほしい時

仕事やプライベートがうまくいかなくて、落ち込む時は誰にでもあります。そんな時は、「誰かにそばにいてほしい」と思うもの。

寂しい気持ちになっている瞬間に思い浮かべるのは、自分を思ってくれる相手であることは多いです。「告白をOKしていたら1人じゃなかったのに」と、振ったことを後悔する場合もあります。

(3)あなたの魅力に気づいた時

振った相手が成功したり、優しさを見せてくれたりなど、後から魅力に気づいて後悔することは多いです。

なぜ告白を断ってしまったのかと考え、後悔してしまうのです。

振られても終わりじゃない!

女性は告白を振った後もあれこれと考えてしまい、後悔することも多いものです。

あくまで「今」は付き合えないだけであり、状況が変わればうまくいくパターンもあります。

振られたからといって終わりではなく、その後の行動次第ではもしかしたら女性からの逆告白も夢ではないでしょう。

(#Lily_magazin)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月26日に公開されたものです

#Lily_magazin

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE