お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「親しき仲にも礼儀あり」の意味は? 使い方や類語を解説

大部美知子

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざの正しい意味や語源を知っていますか? また、友達や家族、職場の人などに対して、どう使えば良いのでしょうか? ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに、例文とともに使い方を解説してもらいます。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがありますが、意味や正しい使い方を知っていますか?

ここでは、自信を持って「親しき仲にも礼儀あり」を使えるように、言葉の意味やどのように使うかついて確認してみましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」の意味と語源

まずは「親しき中にも礼儀あり」の意味と、言葉の由来を確認しましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」の意味

「親しき仲にも礼儀あり」を辞書で調べてみると、下記のような記載があります。

親しき仲にも礼儀あり(したしきなかにもれいぎあり)
親密過ぎて節度を失うのは不和のもとだから、親密な中にも礼儀を守るようにせよ。近しき仲に礼儀あり。「親しき仲に垣(かき)をせよ」も同義。
(『広辞苑 第七版』岩波書店)

つまり、「親しい関係になると相手に対する緊張感がなくなり、遠慮のない言動で仲が悪くなる可能性があるから、良い関係を保つために相手への配慮が大切である」という意味です。

この「親しい仲」には友人・恋人・家族だけでなく、職場の上司、先輩など目上の立場の人も含みます。

また、「親しき仲」は「親しき中」とも書きます。

「仲」は「人と人の間柄」を意味するのに対して、「中」は「ある範囲の内側、モノとモノの間」を意味し、「仲」より広範囲で使うことができます。

「親しき仲にも礼儀あり」の語源

言葉の正確な由来は不明ですが、古代中国の思想家である孔子と弟の言行を記録した『論語』に礼儀の大切さを説いた教えがあり、これを起源とする説があります。

また、英語にも「A hedge between keeps friendship green(間に垣根があることが友情を新鮮に保つ)」という同じ意味を持つことわざがあります。

「親しき仲にも礼儀あり」は、時代や国を超えて伝わっている人生訓ともいえます。

次ページ:「親しき仲にも礼儀あり」はどんな時に使えるのか?(例文つき)

SHARE