お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「親しき仲にも礼儀あり」の意味は? 使い方や類語を解説

大部美知子

「親しき仲にも礼儀あり」はどんな時に使えるのか?(例文つき)

「親しき仲にも礼儀あり」の使い方を、状況別に例文で見ていきましょう。

自分の意思を表現する時

「親しき仲にも礼儀あり」は、人間関係を良好に保つために、「良い関係でも度をすぎて礼儀を欠くようなことをしないようにする」という自分の意思を表現する時に使えます。

例文

例えば、仲の良い職場の先輩からあいさつの仕方の指摘を受けて、反省の気持ちを伝える場面では、以下のように用いることができます。

今後は、ご指摘いただいた「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を忘れないよう、自分からきちんとあいさつをするように気をつけます。

例文

学生時代の恩師に、謙虚な気持ちを込めて結婚報告をする時は、下記のように使えます。

親しき仲にも礼儀ありという気持ちを大切に、良いパートナーシップを築いていきたいと思います。

相手に注意をする時

「親しき仲にも礼儀あり」は、親しいからといって礼儀を欠いている人への注意の言葉としても使用できます。

例文

無断で私物を使用した妹へ、不快であることを伝える時には下記のように表現できます。

いくら姉妹でも「親しき仲にも礼儀あり」というでしょう? 無断で私の物を使わないでくれる?

例文

内密にしていた個人情報を第三者に暴露した親友に、失望した気持ちを伝える時は下記のように用います。

○○さんを信頼していたのに残念。「親しき仲にも礼儀あり」とはこういうことを
言うんだと思う。

次ページ:「親しき仲にも礼儀あり」の類語(例文つき)

SHARE