お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「支払いは任せろー」とは? 由来やAA(アスキーアート)

hiro

「支払いは任せろー バリバリ やめて」ってなに?

「支払いは任せろー」というAAは、基本的には「支払いは任せろー バリバリ やめて」というここまでの流れが一連の流れとされています。

元ネタに基づき、デートでマジックテープ式の財布を出された時の女性の恥ずかしさを表現しています。「やめて」という叫びが悲惨さを際立たせますよね。


使う場面

この言葉のおもしろさは、かっこ良さを演出するシチュエーションなのに取り出されたのが、音が響きやすいマジックテープの財布、というギャップの部分です。

「結局全然かっこ良くない!」というツッコミや笑いを期待する時に使います。

オリジナルソングも誕生

「支払いは任せろー バリバリ やめて」は2ちゃんねるで定着したのち、ニコニコ動画などでも取り上げられることが増えていきました。

そんな中で生まれたのが、ほぼ日Pによって作られた『彼氏の財布がマジックテープ式だった』というオリジナルソングです。

初音ミクが歌うこちらの曲は、60万回以上再生された人気作品となっています。

「支払いは任せろー」はネタならアリ?

「支払いは任せろー」はデートに行った女性の体験談から生まれた言葉です。

実際に支払いをするような場面ではなく、ネット上のネタとして使われているこの言葉。

かっこつけてるシチュエーションで「全然かっこ良くない!」というツッコミ待ちで使われることが多いので、ネタの1つとして覚えておくのもいいでしょう。

(hiro)

※画像はイメージです

※この記事は2021年09月15日に公開されたものです

hiro

フリーのWEBライター。3歳のわんぱく男子の子育てに奮闘中。気になることは隅から隅まで調べたがるタイプ

この著者の記事一覧 

SHARE