お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「出待ち」とは? 意味と使い方を解説

ひらり

「出待ち」という言葉を知っていますか? 「自分の思っている意味で本当に正しいのかな」と考える方も多いかもしれません。今回は、「出待ち」の意味について解説していきます。

「出待ち」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

芸能人やスポーツ選手などの熱烈なファンの人にとっては、なじみのある言葉かもしれませんね。

今回は、なんとなくしか捉えられていない人のために、「出待ち」の意味や使われ方について解説します。

「出待ち」とは

「出待ち」とは、劇場や放送局、コンサート会場やスタジアムなどの出入口で、ファンが目当ての芸能人やスポーツ選手が出てくるのを待つことを意味します。

「少しでも多く推しに会いたい」「舞台から下りた推しの姿を見たい」という熱烈なファンが、そのような行動を取るようです。

また、報道関係者が取材のために対象者が出てくるのを待つことを指す場合もあります。

「出待ち」の使われ方

「出待ち」は、基本的にはファンの行動を指す言葉ですが、「出てくるのを待っている」という意味を切り取って日常会話の中で使われることも。

例文

・「玄関開けたらでっかいクモが出待ちしてたんだけど……」

・「うちの猫、いつも私のトイレの出待ちしてる」

「出待ち」という言葉はかなり浸透してきているため、イベント主催者・タレント所属事務所などが公式発表する文章の中でも使用されています。

「入り待ち」とは?

「出待ち」の対義語が「入り待ち」です。

「入り待ち」は、目当ての芸能人やスポーツ選手が劇場や放送局、コンサート会場、スタジアムなどに入ってくるのを待つことを指します。

次ページ:「追っかけ」との違いって?

SHARE