お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人付き合いが苦手な人の特徴&あるある。克服方法5つ

正元香菜子

共感必至! 「人付き合いが苦手な人」あるある

人付き合いが苦手でも、私生活に支障をきたさないようにそれを何とか隠している人も多くいます。

そのため、「人付き合いが苦手な人」だけが共感できるあるあるも! ここでは、人付き合いが苦手な人がやりがちな行動を紹介します。

(1)うまく笑えない

人付き合いが苦手な人は、相手との距離感をつかめず、どのように自分を表現すれば良いか分からないと感じているようです。

そのため、あまり笑わないか、周りに合わせようと笑っていても苦笑いになってしまうことも。

ぎこちない表情になっている自覚もあるため、さらに人付き合いが苦手になる原因に。何とか笑顔をつくろうとして、疲れてしまうことも多いでしょう。

(2)何を話そうか考えているうちに会話が終わる

会話を続けるのが苦手で、相手とどのような話をすれば良いのかが分からないと悩んでいることもあるようです。

相手の興味のある話題が分からず、黙って考えているうちに会話が終わってしまう……なんてことも。

何か話さなければいけないというプレッシャーから、妙な話題を出してしまい、後々自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしばあります。

(3)飲み会はできれば参加したくない

人付き合いが苦手な人は、賑やかな雰囲気の飲み会が苦手で、あまり参加しない傾向にあります。

お酒が入ると、いつもよりフランクな会話になったり、ノリで盛り上がったりすることが多いですが、そういった空気感に苦手意識を持っているのかもしれません。

こうした場で、人付き合いが苦手な人は疎外感を覚えてしまいがちです。付き合いでどうしても行かなければならない場合を除けば、飲み会への参加を極力避けることが多いです。

次ページ:人付き合いの苦手を克服する方法

SHARE