お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が教える、本当に「いい男」の特徴5つ

浜松まくら(共感系ライター)

「いい男」ってどんな男性のことなのでしょうか? 今回は同性の目から見て「いい男」を、共感系ライターの浜松まくらさんに聞いてみました。

女性が「いい男」だと思う男性と、男性から見て「いい男」だと感じる男性。この両者には違いがあります。どんな特徴を持っている男性のことを、同性である男たちは「いい男」だと思っているのでしょうか。男性筆者の目線でご紹介します。

あなたは見抜ける? 「オトコ眼力」診断

(1)周りの人に気遣いができる

「いい男」は周りをよく見て気遣いができます。えこひいきや、立場によるマウンティングなどもせず、誰に対しても優しく接する男性は、間違いなくいい男です。もちろん彼女のことも大切にしますし、彼女以外の女性に対してもレディファーストを欠かしません。

(2)経済力がある

単にお金を持っているだけでなく、「いい男」はそのことをひけらかしたりしません。目に余る散財もしませんし、その一方でケチることもなく、ここぞというときには気前よくおごるといった余裕も持っています。

(3)先のことを考えている

「いい男」は、なにかトラブルがあっても、その場しのぎで取り繕うことはしません。先のことを考えて慌てず冷静に行動をします。また、目先の利益だけに走らず「今ここで作業するのは大変だけど、後々きっと役立つ」など将来のことを意識した行動をします。

(4)オトナの遊び方を知っている

真面目一辺倒なだけでなく、遊ぶときは真剣に遊びます。お洒落なバーや仲間たちによるサークルなど、自分のお気に入りの遊び場を持っています。また靴や腕時計なども、単なる見栄ではなく、自らが選び抜いたこだわりのブランドを愛用しているのも特徴。

(5)最終的に、自分のやりたいことを貫いている

「いい男」はプライドを持っています。もっと楽ができるのにあえて苦労が多い好きな仕事を選んだり、どんなに忙しいときでも都合をつけて好きな人のためにかけつけたりなど、自分が本当にやりたいことのためには、自らの意志を貫き通します。

外見や地位がよいだけでは、いい男と思われない

顔面偏差値や年収といった、数値的ファクターで「いい男かどうか」を判断する場面もあります。しかし、男が認める「いい男」は、数字だけでは言い表せない内面的な男気を持っています。また、そのような男性を彼氏にしている女性に対しては「なんと見る目があるんだろう」と称賛し、応援したくなります。

(浜松まくら)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

【診断】あなたは寿退社できる? 「玉の輿度」診断

【診断】あこがれの彼を落とすには? 「年上男性の攻略法」診断

【診断】意外かも!? 「あなたを幸せにする男」診断

※この記事は2021年03月09日に公開されたものです

浜松まくら(共感系ライター)

共感系ライター。過去の恋愛は、一人と長くじっくり派。振られてからの反省も長く立ち直りが遅い、アラフォー独り身こじらせ男性。色々と相談を受けることが多いのに、「いい人ですね」で留まりがち。特に恋愛に繋がることがまずなく、とても哀しい。
この著者の記事一覧 

SHARE