お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人生が楽しくないと感じる人の特徴。人生を楽しむ4つの方法を解説

浅野寿和(心理カウンセラー)

20代・30代と年齢を重ねるうちに「人生がつまらないな」「何をやっても楽しくない」と感じてしまうことはありませんか? 今回は、心理カウンセラーの浅野寿和さんに、人生が楽しくないと感じる理由と、人生を楽しむための方法を解説してもらいます。

何に対してもワクワクしなかったり、やる気が出なかったり……。「こんな人生、楽しくない」と感じることはありませんか?

それはきっと、あなたの中に「喜び」が不足しているからかもしれません。

そこで今回は、人生が楽しくないと思う理由や、人生を楽しくするコツについて解説していきます。

「人生が楽しくない」と感じる原因

一度きりの人生を“楽しくない”と感じてしまうのはつらいですよね。そもそも、なぜ「人生が楽しくない」と感じてしまうのでしょうか。

まずは、その原因を探っていきましょう。

(1)自分は誰の役にも立てていないと感じている

私たちには人の役に立ちたい、喜びになりたいと感じている部分があります。

これを「自尊感情」と言います。この感覚が感じられていないと何をやっても「つまらない」「無意味だ」と感じるのです。

「好きなことをしている」「人や環境にも恵まれている」「それなりに成功している」はずなのに、人生が楽しくないと感じる理由は、結果的に「自分は誰の役にも立っていない」と感じているからかもしれません。

(2)義務感を感じながら生きている

「自分はこうすべき、こうあるべき」といった義務感や、「自分はこのような役割を担っている」という役割意識を持ち続けていると人生がつまらなくなります。

タスクを義務や役割として捉えると「誰がやっても同じだ」と感じてしまいますから、自分が存在する意味が分からなくなっていくのです。

(3)「やるべきこと」ばかり優先している

生きる上で「やるべきこと」はたくさんありますが、そればかり優先していると人生がつまらなくなります。

自分のやりたいことに対して、リスクを恐れてチャレンジしないでいると、どうしてもつまらないと感じてしまうのです。

次ページ:「人生が楽しくない」と感じる人の特徴

SHARE