お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分の人生は自分で責任を取る。菜々緒のブレない選択軸

#Lifeview

ameri

あこがれの人、がんばってる人、共感できる人。それと、ただ単純に好きだなって思える人。そんな誰かの決断が、自分の決断をあと押ししてくれることってある。20~30代のマイナビウーマン読者と同世代の編集部・ライターが「今話を聞いてみたい!」と思う人物に会って、その人の生き方を切り取るインタビュー連載。

取材・文:ameri
撮影:須田卓馬
編集:田島佑香/マイナビウーマン編集部

「今の彼とはいつ結婚するの?」「その仕事はいつまで続けるの?」

20代後半に差し掛かり、ライフステージにまつわる話題が出る回数が増えた。そして、よく聞かれるその質問に答えるのが、だんだんとおっくうになった。

周りの意見が気になってしまって、モヤモヤばかりが積もっていく。じゃあ一体、自分が大切にしている軸って何なのだろう。考えてみても、すぐに答えは出てこない。

「これからの人生、どうやって決断していけばいい?」「本当の幸せって何?」そんな人生の選択軸について、クールでストイックなイメージの強い菜々緒さんに聞いてみた。

平凡な“うさぎ”が誰かを守っている姿に勇気をもらった幼少期

現在、前編が大ヒット公開中の劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」。 2月11日(木・祝)に後編が公開される。

劇中で、地球と月の征服を企むデッド・ムーンの頂点に立つ女王・ネヘレニアの声を演じるのが、女優として活躍している菜々緒さんだ。

かっこいい女性の代表といえる菜々緒さんも、私たちと同じセーラームーン世代。小さい頃から、友達とのまねっこ遊びではセーラームーン役を譲らなかったほど、月野うさぎ(スーパーセーラームーン)のことが大好きだったのだそう。

「変身前のうさぎちゃんは、セーラー戦士の中で一番頼りないキャラ。他のセーラー戦士たちには強みや特技がある中、彼女はへなちょこで。

普段はそんな普通のうさぎちゃんがセーラームーンに変身すると、凛としてリーダーを頑張っている姿や、誰かを助けたり守ったりして使命を全うしている姿には、子どもながらに勇気をもらっていましたね。

私自身、特技も好きなことも突き詰めるものもなく、どちらかというと平凡なキャラクターに近かったからこそ、惹かれたのかな」

彼女はそう言うけれど、私たちからすると菜々緒さんは強くて、かっこよくて、美しい理想の女性そのもの。まさに、“クールビューティー”という言葉がぴったりだ。

でも彼女は、「それはパブリックイメージです。本当の私はすっごく平凡ですよ」と言って微笑む。

「飛び抜けてすごいところがあるわけでもないし、本当に普通なんです。むしろ、平均よりもちょっと下くらい。普通すぎて、どうして私がこの仕事ができているのかな、とたまに不思議に感じるほどです」

「かわいい」「うさぎちゃんみたいになりたい」と思いながら観ていた幼少期とは違い、大人になったタイミングで「美少女戦士セーラームーン」を観たことで、新たに感じることもあったのだそう。

「それぞれのセーラー戦士が抱えている悩みや葛藤が、少しずつ自分と重なる部分があって。

それを一人ひとりが乗り越えていく姿を見ていると、自分も壁を乗り越えられるのではないかと勇気づけられました。大人になってからの方が心に刺さりましたね」

やりたいことも熱中できることもない。学生時代に抱えていた葛藤

自分のやりたいことってなんだろう。このままズルズル生きていていいの? 平凡な人生に疑問を持たないわけではない。かといって、何か秀でた特技があるわけでもない。

ずっと、そんなモヤモヤを抱えて生きてきたような気がする。菜々緒さんは、そんな葛藤を抱いたことはあるのだろうか。

「ありますよ。私はこのままどうなるんだろう……と、不安ばかり抱えながら学生時代を送っていました。1学年が800人くらいいるマンモス校に通っていたので、中には読者モデルをしている子もいて。私はそれを『すごいな』って隅で見ているようなタイプだったんです」

高校時代にスカウトをされた彼女。だけど、すぐに芸能界に飛び込む決意はできなかったという。

「スカウトをされたのですが、漠然としすぎていて実感がなくて。高校卒業後にそのまま芸能の道に進むイメージができなかったので、別に勉強は好きではなかったけれど、とりあえず大学へ進学しました」

彼女が本格的に芸能活動をスタートさせたのは、2009年。大学3年生の頃だったという。

「割と皆さんが悩むのと同じ状況に陥っていたと思います。やりたいことも、楽しみも見つけられなくて、この先どうしたらいいんだろうって」

完璧に思える彼女も、私たちと同じ一人の女性として悩んだり葛藤したりしていたのだと知れて、なぜか少しだけほっとした。

「いろいろ考えた結果、『人と違ったことがしたい』『楽しいことがしたい』という気持ちがあったので、スカウトされた事務所で活動することに決めました。それが大学に入学してすぐの頃でしたね。

やると決めたらとことん打ち込む性格なので、大学2年生までに4年間の単位をほとんど取って、3年生から芸能の仕事を本格的にスタートさせました。

卒業までに忙しくなればいいかなと思っていたら、思っていた以上に忙しくさせてもらえて……。卒業式には出られなかったほどでした」

彼女から醸し出されるかっこよさは、このストイックさが理由だったのだ。

全ての物事はタイミング次第。だから、流れに身を任せる

とはいえ、みんなが彼女のようにストイックに努力し続けられるわけではない。まさに、本作で描かれている、“自分の一番の敵は自分自身”という表現がぴったりだ。

日々をあたふたと過ごしていると、「これくらいでいいか」という甘えが出てきたり「もう無理」と諦めてしまいそうになったりする。

これほどまでにストイックな菜々緒さんでも、自分に負けそうになったことはあるのだろうか。

「もちろんあります。やりたい気持ちはあるのに、能力がついてこない時なんかはくじけそうになりますね。でも、そういう時は無理にあらがわず、流れに身を任せるようにしています」

驚くほど達観している。苦しくてもがいてしまいそうなところで、きっぱり流れに身を任せるという決断はそう簡単にはできないことだ。

「今はそのタイミングではなかったんだ、と自分が納得するように解釈して、ちゃんと腑に落ちた状態で次に臨みます。

全ての物事にタイミングがあると思うので、その時が来るまで辛抱強く待ったり、別の事をして準備したりするのが大切だと思っているんですよね」

「人生、なるようにしかならないと思う」そうまっすぐこちらを見つめながら言う菜々緒さんは、やっぱり強い。

私だったら、今はそのタイミングではないと頭では分かっていても、耐えている間に心が折れてしまいそうになる。そこで、菜々緒さんなりの自分の奮い立たせ方も聞いてみた。

「成功した時のイメージをするようにしています。昔どこかで読んだことがあるんです、『想像することで実現する』って。

ポジティブなイメージをすると、成功を引き寄せられるような気がするんですよね。『できるかも』と思えてくるのでおすすめです」

最後の決定権は自分。他人に流されず自分の幸せを選び取る

マイナビウーマン世代の女性は、仕事や恋愛、結婚など、選択を迫られる機会が急激に増える。

人生の分岐点が迫る女性たちが、どんな選択軸を持つべきかを聞いてみた。

「私だったら、自分がワクワクしたりときめいたりする方向を選びます。自分が楽しんでいるイメージができるかどうかは、大きな判断基準になっていますね」

そして、真剣な顔つきでこう続ける。

「あとは、他人の意見に流されないこと。だって、自分の人生は自分のものだから。例えば親に何か言われたとしても、それも鵜呑みにしてはダメだと思うんです」

誰の意見にも流されず、自分の意思を貫くこと。それは簡単なように見えて難しい。菜々緒さんも、周りに意見されることがあるという。

「今は結婚する気がまるでないのですが、親からは『孫の顔が見たい』とよく言われます(笑)。もしその言葉に流されて私が結婚を決めたら、それは自分のためではなく、親のために結婚することになりますよね。

誰かの意見に流されて決めたことが失敗した時も、結局流された自分に責任があるんです。だから、“誰かがそう願っているから選ぶ”ということは一切しません。

最後の決定権は自分。自分が選んだことにしっかり責任を持てるかどうかも、私にとっての判断基準です」

その後、彼女はひと呼吸置いて、「幸せって人それぞれだと思うんですよね」と言う。

「周りが結婚したから、良い企業に就職したから、と流されて選んだ選択肢が、自分の幸せの基準と当てはまるかと言えばそうではありません。

『結婚したら幸せ』という固定概念こそ、すごく邪魔なものだと思うんです。結婚していなくても幸せな人はたくさんいるし、反対に、給料が高い企業に就職しても幸せを感じられない人もたくさんいる。

固定概念に惑わされずに、自分がちゃんと『楽しい』『幸せ』と思える選択ができる方がいいのではないかと思います」

そして、笑顔でこう締めくくった。

「周りのことを気にせず、自分の軸で考えたり選択したりすることこそ、人生においてすごく大切なんじゃないかな」

菜々緒さんの言葉を聞いた今は、「私は私の幸せを探していこう」と思えている。

結婚が幸せだと思う人もいれば、そんなのどうでもよくて、仕事に熱中したり、趣味を楽しんだりすることに幸せを感じる人もいる。

誰かと比べて、流されて決めるのではなく、自分が納得できる決断を重ねていきたい。取材を終えた私の心は、何だか軽くなったように感じた。

INFORMATION

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」

c武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

1991年12月、月刊少女漫画雑誌「なかよし」(講談社刊)で連載を開始し、翌92年にはTVアニメ化した「美少女戦士セーラームーン」が、25年ぶりに映画化。
最新作のテーマは「夢」。戦士として、一人の人間として、葛藤し成長していくセーラー戦士の姿や、ちびうさの淡い初恋が描かれます。

映画は前後編2部作で、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》が2021年1月8日(金)より大ヒット公開中。続く《後編》が2月11日(木・祝)より全国ロードショー!

ameri

2016年より執筆をはじめ、主に美容・恋愛・ウエディングについて書いています。美容とコーヒーとチョコレートをこよなく愛するフリーライター。コスメと触れ合うこと、旅行、カフェ巡りが趣味です。百貨店のコスメフロアによく出没する特徴あり。

この著者の記事一覧 

SHARE