お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男女共通「浮気する人」にありがちな特徴7つ

秋カヲリ

恋人の浮気を防ぐ究極の方法

浮気防止法はいろいろなサイトに書かれていますが、私が思う究極の防止法を男女別に2つずつ紹介します。

「浮気を阻止したい!」と思っている方は、ぜひ試してみてください。

男性の浮気を防ぐ方法その1:「浮気されたら悲しい」と伝える

男性は「多くの遺伝子を残したい」という本能がありますし、精神的な浮気よりも肉体的な浮気が多いため、女性よりも浮気に対して罪悪感を抱きにくい傾向があります。

そこで、あらかじめ何らかの機会に「浮気されたら悲しい」と伝えておき、浮気の罪悪感を植え付けておくのがおすすめです。

万が一浮気された場合も、怒りより悲しみの方が罪悪感を与えやすいので、責めるのではなく悲しむようにしましょう。

男性の浮気を防ぐ方法その2:遊ぶ時間やお金を与えない

浮気性の男性には、浮気する隙を与えないのが効果的です。

遊ぶ時間やお金があれば浮気できますが、時間もお金もなければ浮気できません。

強硬手段ではありますが、家計を共にしているならギリギリのお小遣い制にしたり、毎日のスケジュールを把握したりするのも1つの方法です。

女性の浮気を防ぐ方法その1:たくさん褒める

女性は褒め言葉に敏感で、自分に好感を持ってくれている人に対して好意を抱きがちです。

男性が「釣った魚には餌をやらない」とばかりに愛情表現を怠ったり、恥ずかしいからと無愛想な対応をしたりすると、それが不満や寂しさにつながり、浮気の原因になることも。

たくさん褒めて、こまめに愛情表現しましょう。

女性の浮気を防ぐ方法その2:いつでも頼ってもらえる状態をつくる

女性は本能的に「男性に頼りたい」と考える傾向があるので、恋人に全く頼れない状況になると不安になります。

そんな時に優しくしてくれる他の男性が現れると、つい気になってしまうでしょう。

女性の浮気心を防ぐには、できるだけ優しくして頼れるパートナーでいることが大切です。

次ページ:浮気しやすい性格と状況を避ければ、浮気の確率は下がる

SHARE