お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悩める女性たちへ。関係別「クリスマスプレゼント」の相場解説

#令和のマネーハック

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

働き方も、恋愛も、生活様式も、全てのあり方が少し前とは違う令和の今。数えきれない変化の裏には、数えきれないマネーハックがひそんでいるはず。令和の今だからこそマイナビウーマン読者に知ってもらいたい“身近なお金のこと”を考えてみませんか?

今回のお悩み「彼に贈るクリスマスプレゼント代の相場を教えて!

付き合って3カ月の彼氏がいます。彼も私もお互い28歳。いい年齢でもあるので、クリスマスはそれなりの値段のものを贈ろうと思っていますが、付き合いたての彼に高価なものを贈って「重い」と思われないかも不安です。大人の男性が相手の場合、クリスマスプレゼント代の相場はいくらくらいでしょうか?

誰しもが悩む「クリスマスプレゼント代」

分かります、この悩み……!

クリスマスって、本当に、本当に、どれくらいの金額のプレゼントを渡せばいいのか悩みますよね。

しかも付き合って3カ月とのこと。まだ相手の価値観もつかみきれていないことでしょう。探り探りの段階です。

「高価なものだと“重い”と思われそうで不安」「安くても気持ちが伝わらなさそうだし……」

悩みは深まるばかり。しかし、本来、クリスマスは恋人たちが笑顔になるための日のはずです。あれこれ悩むのはもったいなさすぎます。

そこで今回は「クリスマスプレゼントの相場」について徹底解説します。

ここで不安のすべてを終わらせちゃいましょう。そして彼氏とのクリスマスを「どう楽しむか?」と、楽しみにいくスタンスに切り替えてやりましょうぜ。OK?

いったんハズさない金額帯にしておきましょう

やはり付き合って3カ月は、お互いの様子見期間かと思います。

ある意味、まだ正解が分からない状態だとも言えるでしょう。

だからこそ無難にいくのはどうでしょうか。イチかバチか、高級時計だとか、高級スーツ一式だとかハワイ旅行をプレゼントする──あえて大げさに書きました──といったギャンブルに出る必要もないとは思うのです。

もちろん値段こそ、彼への愛の深さだという価値観もあるでしょう。しかし彼も同じ価値観を持っているかは分からないから、というわけですね。

だからこそ、いったん、無難な金額帯のプレゼントにしておく方が安全かもしれません。

もちろん値段が無難だからといって、そのプレゼント自体が無難だというわけではありません。予算の中で、あれこれ喜ぶ姿を想像して、貴女が選んだプレゼントです。最上級にうれしいに決まってるじゃないですか。そこは強調させてください。

相手のために溢れんばかりの感情を抑えるのもまた愛だと思うのですよ。

「ハズさない金額帯」って一体いくら?

では、付き合って3カ月で失敗しない金額帯とは、どれくらいなのでしょうか?

この悩みについて、SNSでアンケート(32名)を取りました。すると、なんと、ほぼ全ての回答が以下の2つになるという結果でした。

(1)5000円〜1万円(70%)
(2)1万円〜2万円(30%)

さらに細かくみると(2)の中でも「2万円」に近づくほど人数は減る傾向がありました。どうやら「1万円」が相場価格のようです。

その理由としては「まだ変に気を遣わせたくないから」という意見が多数でした。うん、やはり感じることは誰しも同じなのかもしれません。

これくらいが、世間一般的に「ハズさない金額帯」だと言えそうです。

もし貴女が付き合って3カ月くらいで、クリスマスプレゼントの金額に悩んだら、ひとまず「1万円」を基準にしてみるのはどうでしょう。そこからお互いの年齢や、お財布事情に合わせて「5000円」を上下させるくらいでいいのかもしれません。

その真剣に悩み抜いた誠実さは、きっと彼に伝わることだと思いますよ。

付き合った期間や関係性で相場は変わる?

では「付き合う前」や「長く付き合っている」場合についても考えましょう。プレゼントの相場は変わるのでしょうか。これも上記のアンケートに絡めて解説します。

付き合う前の2人の場合

全体的に「そもそも付き合う前は渡さない」か「気持ちはこもっているけれども負担にならないくらい(3000円ほど)」という意見が多数でした。

恋人としてのプレゼントではないから、あくまで渡すなら軽いものをというわけですね。恋をかなえるための作戦としても、付き合う前の好き好きアピールはプレッシャーを与えて逆効果になりかねません。セーブするくらいでいいでしょう。

長く付き合っているカップルの場合

そして長く付き合ってからは、相場が上がる傾向にありました。

・付き合うほどに感謝の気持ちも入るから値段は上がる

・相手に身につけて欲しいものや、あげたいものが生まれてくるから良いものをプレゼントする。その際、値段はあまり気にしない

・クリスマスは旅行に行くので金額は上がることになる

こうした意見もありました。やはり気心が知れるようになると、本来、あげたかったプレゼント(示したかった感情)がオープンになるようです。

その場合の相場も「数万円~10万円」というふうにさまざまでした。まさに恋人ごとに「2人だけのクリスマスプレゼントの相場」があるようです。

付き合いたてのころは恐る恐るでしたが、長く付き合ってからは、自由に、それぞれのクリスマスプレゼントを楽しめばいいのだと思います。周りは関係ありません。

あ、お互いの負担にならないようにだけは気をつけておきましょう。

彼の考える「相場」を探るコツは?

とはいえ、なんだかんだ気になるのは「彼の中では、どれくらいがクリスマスプレゼントの相場なんだろう……?」というものですよね。

最後にアンケートでお聞きした、素敵なアイデアをシェアしますね。

・普段のプレゼントや、誕生日プレゼントから予測

・シンプルに欲しいものを聞いたり、伝えたり、相談したりする

・お互いのプレゼントを買うためのデートをする

・「これからもクリスマスを過ごしたいから気を使わない値段を設定しようよ」と伝える

・もし差が生まれてもデート代の支払いなどでフォローする

どれも恋する乙女の知恵が詰まっております。なんだかかわいいですよね。

うん、サプライズも素敵だし、もしかすると迷った時は、単に聞いてしまえばいいだけなのかもしれません。どうしよっかって。

その恋を長続きさせるには「困った時に話し合える関係になること」も大事ですからね。どんと構えてクリスマスを楽しんでやりましょうぜ。

貴女の元に幸せが舞い降りるように祈っております。

令和のマネーハック04

付き合いたてなら相場は「1万円」が目安。ただし、迷った時には相談するのも一つの手。話し合える関係は、恋を長続きさせる秘訣に!

(文:浅田悠介、イラスト:itabamoe)

※この記事は2020年12月14日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#令和のマネーハック」をもっと見る

MORE

SHARE