お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年上彼氏の呼び方は何が正解? 年上彼氏の呼び方候補4パターン

ウイケンタ(コラムニスト)

呼び方を変えるベストタイミングは付き合った直後

では、どのタイミングで呼び方を変えるのがベストなのでしょうか。

答えは1つしかありません。「付き合った直後」です。2人の関係性が大きく変わるそのタイミングに、呼び方も大きく変えてしまうべきだと思います。

だって、それ以降って変えるの難しいですよね。「付き合って3年の記念に呼び方変えてみる?」とか、あまりなりませんもんね。年上彼氏の呼び方を変えるのは、付き合ったタイミングがベストです。

付き合いの長いカップルの場合

そうはいっても、すでに付き合っている関係であれば「付き合った直後」は逃しているわけです。

そこで、付き合ってからある程度時間が経過しているカップルにおける変え方を考えてみました。

(1)昔のあだ名を聞いてどさくさに紛れてみる

大体の人は、子供の頃にあだ名があったと思います。ぜひ彼に聞いてみてください。そして、すぐに呼んでみてください。

そうすると「急に何だよ」とか「変だね」とか「意外としっくりくるね」とか、そんな感じになると思うんです。そういう空気なら「ところで呼び方なんだけど」って切り出しやすくないですかね。

その時、切り出せなかったとしても、たまにそのあだ名で呼んでみると、彼から「ちょっと~その呼び方やめてよ(笑)」とか「なんで子供の頃のあだ名でたまに呼ぶの(笑)」って話題が出ると思うんです。きっと呼び方を変えるきっかけになると思います。

(2)テンションが上がった時にどさくさに紛れてみる

「みはる」という名前の僕の友人の実話なのですが、彼女の彼氏はテンションが上がると、呼び方を変えてくるそうです。

普段は「みはるちゃん」と呼んでくるのに、テンションの上昇と共に「みはる」「みーたま」「みーみー」と変わり、最終的には「みっ」になるそうです。こういう流れ、悪くないと思うんです。

付き合っていると、こんなふうに部屋とかでじゃれ合う時、ありますよね。イチャイチャまでいかない、じゃれ合い。その時、どさくさに紛れて呼びたい名前で呼んでみるのはどうでしょうか。テンションが上がっているし、勢いでいけると思います。

(3)単刀直入に聞いてみる

上に挙げた2つは「どさくさに紛れてみる」という力業でした。できる人とできない人に分かれてしまうと思います。

できない場合は、小細工なしで単刀直入に聞いてみるべきだと思います。彼の方だって、いつまでも名字にさん付けで呼ばれていたら、心のどこかで違和感を覚えているかもしれません。

本当は年上である自分から言い出すべきだと思っていながらも、照れがあって言えない可能性だってあります。思い切って自分から切り出してみましょう。

その際、注意しなければいけないことがあります。

それは「真面目に聞いてみる」ということです。何となく聞いてしまうと、何となくの答えしか返って来ないでしょう。彼が照れてしまい、はぐらかされる可能性もありますので、聞く時は真剣に質問してください。

彼が嫌じゃないかの確認も忘れずに

呼び方が決まりそうになったら、必ず「彼が嫌じゃないか」を確認してください。

過去に同じような呼び方をされて嫌な思いをした可能性も0ではないのです。新しい呼び方に慣れるまで違和感はあるものですが、そもそも嫌じゃないかの確認は必ず行いましょう。

呼び方を変えてますます仲良く

名前の呼び方について書かせていただきました。

経験がある人もいると思いますが、これまでと違った名前で呼び合うと、2人の間に流れる空気がガラリと変わりますよね。

新鮮に感じるし、2人の距離もこれまで以上に近くなる。きっと「もっと早く変えれば良かった」と感じるはずです。

親しい2人だからこそ、呼び方は何でも良いように感じるかもしれませんが、実は大事なのです。

(ウイケンタ)

※画像はイメージです

※この記事は2020年11月30日に公開されたものです

ウイケンタ(コラムニスト) (コラムニスト)

38歳独身。物書き。『ハッピーエンドを前提として』(KADOKAWA)、『エンドロールのその後に』(大和出版)著者。オンラインサロン「喫茶クリームソーダ」オーナー。15年のサラリーマン生活を経て、現在は書評、ブログ、コラムなどを執筆。カレーと飲酒とゴールデンレトリバーが好き。

Twitter&Instagram @ui0723

この著者の記事一覧 

SHARE